忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すました顔でシュガートングをどがらがしゃん



次に書くお話が決まらなくて、足踏み代わりに書いたものの見直し。
こないだ書いたゼノお誕生日話、ほったらかしでしたので……。


お話って、書いた直後、だいたいとある現象が起こりますよね。
『どこを見ても悪いところしか見えない病』みたいなの。
先日のゼノ雪話もそうでした。
もうだめなところしか見えなくて頭を抱えそうな出来。
それでも延々ぐだぐだ悩み続けても終わりがありませんので。
思い切って、えいやー! とアップしてしまったのでした。
そしてアップしたらしたで今度は「あんな出来のものを」
と、更にどよんどよんするのでした。
ええ、どうしようもなく悪循環ですね。

そんなお話を見直ししてみて。
あら? となりました。
そこまでわるいものに、みえなくなっていて。
半月以上の時間が経って、目線と意識が改められたのでしょうか。
もしくは言葉がお話になじんだのか。
数日寝かせて洋酒がしみたパウンドケーキみたいですね。
もっと、救いようのないだめっぷりだと思っていたのですけれど。
これは酷い自賛なのでしょうか?
や。でも。もう少し、ましに、みなおしてやりましょう。


次に書くものが決まらないので、やや読書に傾いてみたり。
新しいレシピ本に触れるなんて久し振りな気がします……。
そうでなくとも、ここしばらく本とは疎遠になっておりましたので。
今年こそはたっぷり読みたいなあとしみじみ。
アフタヌーンティー作法とか南イタリアレシピでひゃほうです。
何を目的としているのか、というか、何でしょうこの滲み出る下心。
ああでもお茶の作法は読んでてめんどくさくて楽しいですね。
ただ今回借りた本、歴史についてはさほど詳しくないのです。
しかも巻末に参考文献が一冊も載ってませんし!
そこは記載しておいて頂けると、探すのが楽で助かるのですが。
や、でも英国式作法については調べるの大変と本文にありましたし。
これはお茶に限らず、ヴィクトリア朝全体から攻めたほうがよさそう?
わたしそこいらへん、ちっとも明るくないので。
取り敢えず、ざっくり全体や概要を掴んで。
そこから詳細に踏みこんでいったほうが、むしろ順路ぽいです。
さあさおべんきょ。楽しいおべんきょ!


ついでにお茶はお茶でも茶道のほうも調べたくなっていたり。
こちらはそれこそ、ざっくりおぼろげに知ってはいますけれど。
ふくさの所作で心の折れたわたしには何も言う資格など。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
732 |  731 |  730 |  729 |  728 |  727 |  726 |  725 |  724 |  723 |  722 | 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
10 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]