忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※テンション注意


少し前の、拙宅の日記。8月31日の内容をお覚えの方はおいででしょうか。
ええ。ええ。友人と、盛り上がっていた、とある話題が。あるのですが。


真面目なほうの戦国(=無双)新キャラに立花の殿があああああああ!!
おおおおお。うおおおおおお。
まさかの。まさかの立花の殿参戦。
いぃやっはあああああああああ!
ああもうどうしましょう。どうしてくれましょうこれ。嬉しすぎるのですが。
半ば以上諦め…というか、むしろ一割も望みは持ってませんでした。
ただ好きなので。出てくれないかなあ、という希望に過ぎませんでした。
NPCですら出てませんでしたからね、殿……。
そこへきて予想外の参戦。ああもう嬉しすぎてのた打ち回ってます。
情報聞いたその日をアニバーサリィ・オブ・FIDAと名づけるべきです。
飛騨さまが!飛騨守さまが参戦とはああこんちくしょう涙が出そうです。
しかもデザインがどうしようもなく貴公子で笑いました。
二代目長政さまみたいですね。騎士がいます。戦国の世に騎士が。
殿のオサレドーナツ兜好きなのですが、そのデザインないのが少しだけ残念。
クロカンやブラジル音頭参戦でも小躍りしましたが、これはもう感無量です。
いち早く情報教えてくれたタキ嬢ほんまありがとう。
狂喜のあまり即電話したら半時間ほど一緒に盛り上がってくれてありがとう(笑)
しかもこの新作、発売は、ういぃ。
また本体買う要素が増えちゃいましたよ。購入意志が更に補強されました。
ぐあああ殿おおおお。

妄想だけでも既に大盛り上がり大会です。
どの逸話が入るのか非常にうきうきします。
イガグリ踏んだり魚の身ちまちまむしったりしはるのでしょうか。
と、申しますかぎん千代さんが雷切持っちゃってるのをどうするのか。
は。まさか、取り合い?父の刀を巡って、夫婦で決闘?おおかっこいい。
ぎん千代さんとの関係が気になります…ラブラブかなあ、ラブラブだといいなあ。
EDでは二人仲良く関ヶ原後に雑炊食べてたら良いですよ。
雑炊の逸話が可愛くて好きです。
……あ。でも、どうでしょう。
立花の殿の最終面は、どこになるのか。
関ヶ原なら分かりやすいですけれど、長生きされてますし。
意表を突いて島原の乱なら笑いますが。あの頃まで現役ってどういうこと。
島津との関係もどきどきです。
NPCでも良いので、そーりん出ないかなあ。
夢は広がるばかりです(笑)ほんと、タキ嬢と盛り上がること盛り上がること。


もえぎ『ぃいやっっはああああああ!!殿が!殿があああああ!!』
タキ嬢『まさか宗茂さんが出るとは……』
もえぎ『ぎん千代さんとはどうやろね。ラブラブ?あ、でもツンデレやし…』
タキ嬢『違う。こーえーはツンデレを間違ってる。あれではただの意地っ張りや』
もえぎ『……なあ、これでさ、護衛武将に紹運さんつけたらさ』
タキ嬢『親子か!』
もえぎ『おうよー!だってわたし無双2猛将伝の時点でぎん千代さんに紹運パパ護衛につけてニヤニヤしてたのに!殿とパパ揃ってぎん千代さん救出戦とかあったら更にニヤニヤするわ!!』
タキ嬢『君という子は…あ、そうそう。公式のキャラ紹介のとこ載ってるけどさ』
もえぎ『わーい、あとで見に行こ』
タキ嬢『クロカンだけ、顔の表示が白黒で遺影みたいなってる』
もえぎ『ひとの地元武将に何してくれとるのこーえー!』
タキ嬢『木材どうにかせんかなクロカン。クロカンといえば木材』
もえぎ『穴太衆呼んでね。つか、あのクロカン絶対幽閉されんでしょ』
タキ嬢『NPCの頃は木材担当やったのに』
もえぎ『あのクロカンきっと、単騎で有岡城脱出するわ…いっそ潰滅させるわ』
タキ嬢『息子はこんかなあ。名前かぶるから無理か』
もえぎ『そうやねえ。長政は有名どころだけでも最低三人いるから』
タキ嬢『クロカンEDを、お前の左手はエピにするなら息子が欲しいけど』
もえぎ『ダミアン出るなら、兜は絶対、一の谷ね!』
タキ嬢『あれか…(笑)』
もえぎ『しかし同じ洗礼名でも、蒲生レオンとは随分かっこよさが違うなダミアン』


他にもまあ、話題は縦横無尽に飛びまして。盛り上がる盛り上がる。
そろそろ北国が欲しい。最上さんあたり。そうねいきなり南部さんでも困る。
上杉枠(具体的に言うと景勝さま)を諦めない。氏康さまはどこのカリブの海賊。
むしろ篭城する気なさそう。ああ野戦に打って出るに違いない。
イメージ的にペレンノール野の戦い(王の帰還)な光景が広がる。
そしてあの氏康さまならきっとブラジル音頭を踊ってくれるはず。
護衛武将に道雪パパが欲しい。家族勢ぞろいさせたい。
でも雷神パパは輿じゃないとついてこれないだろうから無理ぽい。
蒲生か細川が来てくれて、あと景勝さまが出てくれたら、もう文句はない。
取り敢えず立花の殿はどう転んでも爽やか好青年にしかならないはず。
ああ楽しみ楽しみいやっはー。
などなど。などなど。

……おかしいですね。
わたし、戦国あまり詳しくはありませんし、こーえーさんラブでもありません。
むしろアクションは壊滅的なまでの腕前で、無双2だってへなちょこプレイのみ。
なのに。どうしてここまで、無双の新作で狂喜乱舞できてしまうのか。
新キャラのセレクトが好みすぎて、めろめろすぎるのでしょうか……。
恐るべし、こーえーさん。
ともあれ。一言でまとめますと。
『殿、殿。お会いできる日を、心より楽しみにしております』
でしょうか?(笑)くはーもー嬉しー。




・素敵な殿がいらっしゃるのはこちら
http://www.gamecity.ne.jp/sengoku3/

・あと、ついでにオサレドーナツ兜
後立の鳥の羽が一層オサレだと思います
PR

果たしてこれは歴史な話なのか若干怪しく



あら。明日のえぬえちけは、うちのお城をしてくれるのですね。
ふふふ、きれいに映してくださいな。


うちの地元で観光資源といえば、お城くらいしかありませんからねえ。
大切な大切な存在です。
たったひとつきり、という所為で、扱いも丁重になってしまいます。
少し歩いただけで日本史の舞台がごろごろある洛とは違います。
通学路に国宝、校舎は府の重文、教室の窓から世界遺産、とかでしたからね。
そりゃあ感覚も麻痺するというものです。
たったひとつの、きれいなお城。愛しいお城。
たまにお目にかかると、遠くからでも、一日良いことがありそうな気分です。
地元小学校とかの定番遠足コースに入っていたりもします。
ですから、もしお城へお越しのことがありまして。
お城見学中な、小学生の側を通ることがありましたら。
きっと、先生と生徒の、こんな光景が見られるはずです。

「さー皆、この穴(注:城壁の狭間)からは何が出るかなー?」
「弓矢ー」
「鉄砲ー」
「火ぃついた油ー」

などといった、実に心温まる会話が聞けるものと思われます。
綺麗なだけでなく堅固ですからね!あと、心霊ものにも事欠きませんよ!
しかし最近、こんなお城への落書きが酷くって……。
地元のニュースで話題になってしまうほどでした。
お城を傷つけるとか、その考え方が根底から理解できません。
思わず友人と、こんな会話をしてしまいました。

もえぎ「このところねえ、お城の落書きの話を聞くやん」
友人「ああ、聞くな」
もえぎ「比喩抜きで言うわ。犯人滅べ。」
友人「まったくやね!」
もえぎ「ひとさまの城に何さらしとるか……」
友人「監視カメラの死角をつくらしいな。タチの悪い」
もえぎ「悔しいなあ。現行犯目撃したら、わたし積極的にマウントポジション取りにいく自信があるのに。あ。でもお城にはおさかべ姫さま(天守閣の妖怪)がいはるし、呪うくらいはお手のものか。姫さまなら首とってくるとかも楽勝よ!」
友人「天守閣には姫さまのお社もあるしな」
もえぎ「うん。それにお菊さん(皿屋敷伝説)の井戸かてお城の中あるし、狼藉者放り込んでしまえ。ああ、あと腹切丸もあるな。切腹する場所とか言われてるけど、城内で血を流すわけはないけどねえ。まあ、名前的に粛清には向くわな」
友人「お菊井戸、落ちんように金網で蓋してあるけど……」
もえぎ「それにそれに!お城の側には昔、軍事施設もあったよ。その跡地に図書館建ってて、知り合いの司書さんに聞いたけど、地下書庫には何人かお住まいなそうな」
友人「……見えたんか。それ」
もえぎ「軍人さんと、小さい女の子やってさ。勘の良い人は、暗くなってから地下行くのを全力で嫌がるそうよ。ともあれこんな風に、落書き犯制裁してくれそうな要素はたーんと揃っとるわ。あんしんー」
友人「何でうちらのお城は、こーゆー話いっぱいあんのかな……」

不思議なほどの盛りだくさん。でもまあ、お城綺麗ですしね。良いですよね。
けどこの秋から工事に入っちゃうので、あの優美な姿も数年間見られません。
こんなに寂しいことったら、ありません。
工事が始まる前から、早く終わらないかなあ、とばかり考えてしまいます(笑)

ころすのはどっち?


朝の蜘蛛と、夜の蜘蛛。
どちらが良くてどちらが悪いのか…どうしても覚えられません。


おかしなものです。
何度も何度も調べて、そのたびごとに覚えようとしていますのに。
どうしても、その知識がきちんと根を張ってくれないのです。
自分でも首を傾げてしまうくらい、あっさり忘れてしまう。
結果として、会う蜘蛛会う蜘蛛、すべてをころすことに。
遺骸を捨てながら、いつも思います。
はてさてこの蜘蛛は良いもの悪いもの?
や。別に、わたしの家、蜘蛛まみれとかじゃありませんよ(笑)
ただ、ふうっと、思い出しただけなのです。


先日、ひっさしぶりに友人連中と会うことができました。
宴もおひらき、散会しておやすみー、となったのですけれど。
帰り道、途中まで一緒の電車で、えらく歴史トークが盛り上がりました。
ちょうどバサラも無双も新作の情報が出てた所為もありましょうが。
あっちこっち話題飛びながら、大盛り上がり大会でした。

友人「無双に黒田が出たねー」
もえぎ「やっとですよ地元武将!おめでとうクロカン!でもあのデザインて」
友人「い、いやああいう見た目で意外に良い人かもよ?」
もえぎ「ああ、不良が雨に濡れた捨て犬をそっと助けてやる的な……」
友人「そうそう」
もえぎ「でもあのクロカン設定だけ見たらバサラの弾正よ!?」
友人「……私は、宗麟に来てほしいんやけどな」
もえぎ「……そーりんは無理やない?」
友人「九州三国志が見たいんやああああ」
もえぎ「それなら隆信さまも入れないと!」
友人「クマアアァァァァ!」
もえぎ「いっそ、けーぎんにさまで!」

かっこいいと思うんですけどね、けーぎんにさま。
あのバイタリティとフットワークの軽さは他者の追随を許しません。
他にも色んな無茶リクエストでわいわい言ってました。

もえぎ「そうやわたし個人的に物凄く出て欲しい人忘れてた!」
友人「誰?」
もえぎ「立花の殿!!」
友人「……立花はなあ、ぎん千代が設定だいぶん持ってっちゃったから……」
もえぎ「でもわたしは殿が見たいよ!あんな爽やかな方そうそういないのに」
友人「うーん…」
もえぎ「あとね、上杉枠をもう一人ください。具体的に言うと景勝さま」
友人「イカと戦場が全く同じになるよ」
もえぎ「くう。二個一主従がこんな形であだとなるとは」
友人「取り敢えずイカの猛将伝はどういうことだあれ」
もえぎ「じゃあ細川の殿は?采配のほうは出てたみたいやけど」
友人「無双のガラシャがあの設定では難しいなあ」
もえぎ「見たいけどなあ。元祖ヤンデレでしょ殿は」
友人「確かにな。あれこそヤンデレ」
もえぎ「清正さん出るけど、正則さん出てもきっとアホの子枠やろね」
友人「ああそりゃあもう」
もえぎ「無茶を承知であともう一人挙げよう。勝頼さま。」
友人「ちょ!?」
もえぎ「まさかの天目山逆襲どんでん返し」

言いたい放題です。こうして見ると、若干暴言もまじってますね。
でもだいたい間違ってはいないと思います。あとは。
『わたし、結構長いこと真剣に「島津に暗君なし」を信じてたよ…』
『……忠恒』
などとも言っておりました。
ああ、これは初めて知った時ほんと我が目を疑いました。
ともあれ。実に楽しい帰り道となりました。
でも『そろそろ三国志をきちんと読みたい。どこから手をつけるべき?
きたかたさんのはきっついし、みやぎたにさんあたり?』
というわたしの問いに『いっそ横山版で』という答えはどうなのです神戸市民。
いくら地元だからって!くう、開き直って児童書から入るべきか。

やっちまった…とうとうこのひと、やっちまった……


友人がインテに出かけるというので、PSPを託しました。
ええ、でしであのすれ違い通信目当てです。そして彼女からメールがきました。


五十人以上はすれ違いすぎだと思うのですけれどね。
恐るべしでしであ。むしろ皆やりすぎですでしであ。
や。プレイ時間が百九十時間越えてる人が言っても説得力ないですが。
半日ちょいで五十人以上とは……想定外にもほどがあります。
良いすれ違いができてれば嬉しいのですが。
レアアイテム持ってて。レアアクセサリ持ってて。
レベル低くて。いやレベルが高くても、ランクが低ければ構いません。
そしてできれば装備アビリティの数が凄く少なければ完璧です。
だって強い相手と戦っても、アイテム欲しくても、勝てやしないんですから。
ヘタレはへタレなりに頑張っても限界があります。
ですので、弱い方歓迎してます。イエー。
因みにうちのすれ違い設定ティナもレベルは100ですがランクはA。
攻撃アビリティは少なめで、補助系アビリティも削りまくってます。
ただ装備品とアクセサリは良いものを。
すれ違われた方、じゃんじゃん剥いでやってください。


驚いたこと。
今日の大河が、割とおもしろかったこと。
まあ、掛け値なしに楽しめたわけではないのですけれど……。
これまでに比べると、『まし』でした。
ちっとも感想、書かないでいましたしね。
……書くほどの内容が無…げほんごほん。

多分、OP見てテンションが上がった所為もありましょう。
やっとこさ御館入りましたし、そろそろかなあとそわそわしてたのですが。
もうちょい先だと思っていました。
菊さまが…菊姫さまのお名前が出ましたよ……!
お名前見た瞬間、思わず『っしゃあ!!』とガッツポーズでした。
お待ちしておりました、姫さま。それはもう。長いこと。長いこと。
まあ本編で見た感じ、ちょっとお船さまとかぶりそうで心配なのですが。
これはあれですか。ツンデレですか。ご結婚されたらデレに入るのですか。
わたしいまだにツンデレの定義よく分かってないのですがこんな感じですか。
素敵なご夫婦なら良いのです。貶められることがなければ。
殿と仲良く、幸福でいてくだされば。
それだけでこの数年、上杉夫婦を好きでいたわたしはしあわせです。

勢いあまって、菊姫さま記念に。
――小話を。
あ。でも大河小話ではないのです。
大河関係なく、わたしが勝手に妄想していた理想の上杉家です。
上杉夫妻と直江夫妻はこういう関係だと大好きです。
因みに主君夫婦は総ボケで、家宰夫婦は総ツッコミ希望です。
大河が始まる前に書いていて、それはもうノリノリで書いていて。
ふと我に返り、お蔵入りさせていた小話。
菊さま並びに殿、いやもうこのご夫婦好きすぎて、開き直りました。
続きにこっそり、隠しておきます。

ああ、大河。どうか、どうか。菊姫さまを悪く描かないで後生です……!

かごぞあれかし


俳優さんや女優さんに、とてもくらいのです。
ドラマをあまり見ない所為でしょうか。お名前聞いても、ぴんとこないことばかり。


なので。こないだ、ガリレオさんのスペサルを真剣に見ていました。
心の奥底で、何処か怯えながら、無駄に集中して見ていました。
だって、かげかつさま(来年)が出ていらっしゃるものですから。
延々ゼノと関係ない話ばかりですので、続きにしまっておきます(笑)
微妙に凹み要素も含まれておりますので、ご覧になる方はお気をつけください。
1 |  2 | 

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
05 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]