忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きらきらひかる、戦場の

あれだけ嘆いていた日記の後にこれですよ。
人間どうなるか、分からないものですね……。


わたしのかえる場所は、もうここしかないのです。
浮島、離島、無人島。そんな風情ではありますけれど。
お話でもない、何かの感想でもない、よく分からない文章。
そういったものをおさめる場所は、ここしか浮かびませんでした。
ブログだけをご覧の方は、なんのこっちゃ全く意味不明かと存じますが。
ここ数ヶ月のわたしは。
その。マーベルさんとこの映画でもちゃもちゃしておりまして。
その叫びを、少し、まとめてみたのです。
格納場所にここを選びました。

続きから、よろしければどうぞ。
おおむねキャプテンさんまわりです。
PR

良い夢を

おやすみなさい、わたしの愛しい小さなお城。
わたしは世界で一番あなたを愛した人間だった。
ありがとう。細い、頼りない、愛しい止まり木。
わたしはこのはねやすめで過ごせて、幸福でした。

おやすみ。さよなら。

葉は落ち、枝は折れる

昔話をいたしましょう。
今更、何だか急に、かなしくなってきた者のことでも。


サイトが消えることは、もう何ヶ月も前から、分かっていましたのに。
どういうわけだか昨夜、唐突に、猛然とかなしくなったのです。
分かっていたつもり、でしかなかったのやもしれません。
分かりきっていた現実に、ようやっと気づきました。
いえ、身を持って、実感として、訪れました。


「わたしはもうかえる場所がなくなるのだ!」と。


全くの根無し草。家がない。お城がない。
どこへふらふらと出歩いても、最後にかえる場所がない。
安心して、全幅の信頼を置いて、くつろげるお家がなくなってしまう。
なぜこんなタイミングで気づいたのかは、なんとなくわかります。
あちらこちらから、様々なお言葉を頂いたからでしょう。
そこでようやく思い至りました。
『かえる場所がなくなる』ということ。
こんなに心細い、寄る辺ない、気持ちになるだなんて。

急にどうしようもなくかなしくなって。
むしろ、おそろしさも含まれていたのやもしれません。
こんなぎりぎりに、あらゆるものをダウンロードしてきました。
小説は既に全てとってきておりましたけれど。
語りから、素材から、何一つとりこぼしのようにと。
けれど、こんなことができるのも、あと、一日だけ。
しかも明日はおでかけですので、名残を惜しむ暇もなさそう。
そんなところへサクラ大戦新作もきてしまい明日はインテ行きで。
ああ胸の落ち着くところがありません。なんて夜でしょう!
もう全部せがたにせおいなげしてほしいです。
去れよ惑い。消えるのは。

ただぞわりと背筋を寒くするだけ

昔話をいたしましょう。
過ぎ去っていった、けれど静かに残り続けるものたち。


どうにもこうにもフェイエリィで。
にっちもさっちもゼノひいきで。
そんなサイトではございますが、他ジャンルにもちらほらいきました。
メインはあくまでゼノ、というのは揺るぎませんでしたけれど。
ほら。ゼノにも、空隙みたいな時期はありましたでしょう。
ゼノとサーガの間で四年。
サーガとゼノブレの間で……ええと。
まあ、とにかく。ぽっかりした、時。
数は多くありませんが、書いてきたジャンル。

ゼノ以外ジャンルで、書いてきたものの傾向。
『自分設定濃いめ』でしょうか。
ゼノもですか。ゼノもですね。すみません。
わたしどのジャンル書いてもそれか。
いや、言い訳になりそうですけれど。
ゾイドにせよバハラグにせよ、設定に不確定要素が多いのですよ。
特にバハラグ。SFCとかそこらの作品そういう傾向ありますでしょう。
なので、埋まっていない穴は、自分で埋めねばならない。
結果。なんか自分だけ納得するそれらしい設定爆誕、という。
とはいえ、なんやかんや楽しかったです。
バハラグとかほんとやりたいほうだいですからね。
わたしはバハラグのドラゴンたちがだいすきです。
もうすきで、すきで、すきすぎて、うみたいとすら思うほど。
わたしの愛しいドラゴンたち!
そしてラディアさん好きやったんや……あの一瞬だけですのに。

サモナイについては猛然と勝手なカプの組み合わせで盛りあがりました。
勿論、キーアヤもネストリもすきですよ……書きましたし。
しかし、2については、どういうわけかシャムロックさんとルゥさんで。
一人でやたらに書いてましたね。
ナムカプの仁さんとシオンさんといい、わたしこんな流れいつもか。
そしてネストリといえば。
わたし、いわゆる『メジャー』な二人にはまったのは、これが初。
いやあイベント会場で呆然としましたよね。
ネストリだけで、島が埋まる。供給がある、という現実。
しかも豪雨のような勢い。
普段、痩せた畑を細々と耕していた身には想像すらできない世界でした。
そして逆にこわくなるという。
普段が荒涼としすぎているので、豊かな大地におそれを抱く。
かなしすぎます。

そんなこんな、ではありましたけれど。
このようにへんぴなサイトへ、訪れる方はいらっしゃいました。
更にその中から、楽しんでくださる方も。
消えてゆく。もう。ほんの数日。
ひたひた忍び寄る消滅の気配はもう背後。
崩壊ではないから、足音すらない。
いなくなる。なくなる。
それでもわたしは、多くのものをあいしました。
消えてしまいますけれど――

そしてはじまるカウントダウン

昔話を……と言いたいところですけれど。
今回に限っては昔話どころかリアルタイムあわあわでしたよ!!


前の日記から少々間があきました。
いえ、この三月以前に比べれば、たいした日数ではありませんけれど。
わたしのツイッターをご覧でしたら、薄々お察しでしょうか。
やや鼻息も荒く、前回の最後、あんな風に通販を宣言しておきながら。
開始早々に設定ミスをやらかすというこの。
クラウチングスタートからのスライディングみたいになりました。
むしろそこからの土下座といった様相でした。
我ながらほんと。ほんともう。

てんやわんやが一息ついたと思ったら、これが最終週ですよ。
最後までこんなしっちゃかめっちゃかな勢いとは。
落ち着きがないにもほどがありますね。
来週の今頃に、もうこのサイトは、ありません。
まあ、ブログは忍者さんなので、ここは一応残りますけれど。
その本体、根城、止まり木は、なくなります。
崩壊ですらありませんものね。淡々とした、消滅。
なくなるだけ。
ひたひた忍び寄ってくるその日が、何だか今になって薄気味悪くて。
どこか非現実的で。けれど避けようがなくて。胸が、ぽっかりします。
ただ、この数週間。
色んなところから、お言葉を頂きました。

身近なところ、思わぬところ、意外なところ……ほんと様々に。
そんな言葉を頂けるほど、わたしのサイトは、訪なわれていたのですね。
消え去っても、やがて欠片も残さず忘れ去られても。
ひととき、確かに、どなたかの記憶や胸に留め置かれていた。
それだけで、このささやかなはねやすめは、幸せであったと思います。
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 | 

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
02 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]