忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その声で、その言葉で



五部を読んでいるのに日記の内容はまだ四部です。
わたしどれだけ四部好きなのと自分でも思います。


ちまちま、好きなこと。仗助くんの一人称推移。
ジョジョの方々は、あまり一人称表記が安定していません。
いや、音としては勿論固定されていますよ。
ただ問題は文字として、です。
日本語ゆえに、ひらがな、カタカナ、漢字、と種類があります。
これがちっとも安定しないのですよね。
「別に頓着するものではない」、という。
先生ご自身の判断なのでしょうけれど。
お話書きとしては、これは地味に由々しきことです。
人物を動かす時、固有の一人称は人物の輪郭をくっきり作ってくれます。
個人的にはそのお陰でとても書きやすく、描きやすくなるのですけれど。
そこへ頼ることができないとなると、非常に難しいものへとなります。
また登場人物が多い場合には、書き分けの難易度が一気に上がります。
自分の文章力のなさを棚に上げるようですけれど……大変です。
ジョジョを書く時は自分の中で一人称を定めるしかないのでしょう。

ああ。話がそれました。仗助くんのこと、仗助くんのこと!
基本、仗助くんは一人称が『おれ』ですね。
しかしこれさえカタカナだったり、ひらがなだったりうおお。
……また話それてますね。ええと。
四部途中から、仗助くん、自分のことを『仗助くん』って呼びますね。
あとたまに『仗助さん』だったり。
わたしこれが好きで好きでたまらないのです。
ちょっとふざけるような時や、はったりをきかせる時。
自分に言い聞かせる時、または威勢よく啖呵を切る時。
そうした時に、ひょっこり飛び出すこの言い方。
最初は少し芝居がかって感じられて、くすっとしたのですが。
どうしてこう言い始めたのかしらと、不思議に思って。
もよもよと考えてみて、ふと一つの可能性に気づいて、思わずにっこり。

仗助くん、これ、釣られてるのではないでしょうか。
四部が始まってから、彼を『仗助くん』と呼ぶのは、康一くんだけ。
あと女の子たちもそう呼んではいましたけれど。
日常的にすぐ側で、彼をそう呼ぶのは康一くんのみです。
康一くん以外は、みぃんな呼び捨てですもんね。
けれど……途中で、増えますね。彼を『仗助くん』と呼ぶ人が。
耳慣れないわけではない呼称が、耳新しい声で幾度も発されて。
それがすっかり耳に馴染んでしまうほど繰り返されて。
慣れてしまうくらい側で、近くで、聞き続けて。
そうして、ふとした瞬間に、思わず口をついて出てしまっているのではと。
勝手な想像ではありますが、ここまで考え至ってしまったものですから。
ついつい、にっこりしてしまいました。
ぶきっちょで、触れる手の距離を計りかねている、そわそわ親子。
それでも根底では笑ってしまうくらいよく似た親子。かわいい親子!
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
712 |  711 |  710 |  709 |  708 |  707 |  706 |  705 |  704 |  703 |  702 | 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
06 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]