忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それもまた星の


ジョジョマラソンただいま五部走行中です。
……まだ四部感想もまとめきれてませんよ!


と、いうよりも、まとめたいことが多すぎるのです四部。
我ながらこのフィーバーっぷりはどういうことかと思います。
いや何せ仗助くんがええ子やから…ほんまええ子やから……。
お陰で五部読みながらも、つい。
仗助くんとジョルノくんを比べて見てしまって。
そのため凄い勢いでジョルノくんの将来が心配です。
や、大丈夫だとは思いますが、大丈夫かしらあの子…心配やわ……。
何はともあれ。
まとめたいこと、書きたいことがあるのなら、粛々と書きましょう。
なかなか書くタイミングが掴めなくっても。
書かないことには、書き終わらないのですから。
以下、つらつらと四部の感想やら何やらです。流れに脈絡はありません!


仗助くん以外の話。
四部終盤のMVPは満場一致で早人くんなのでしょう。
あの子どうしたらいいのか分からないほど素晴らしいなんという子。
きっとあの事件以降、仗助くんたちとは親しくなるのでしょうね。
でも逆に……。
多分あの子は、同年代の子たちとは過ごしにくくなる気がします。
あまりに急速に内面が成熟しすぎました。
元々、観測や考察に走りがちな性質でもありましたし。
子供らしからぬ冷めた視線と思考は持っていたはず。
それらが、あのありえないような経験で更に研ぎ澄まされてしまった。
あんな年の子供が持つべきではない、恐ろしいくらい鋭利に。
無邪気な視線に戻れない。悲しいほど。
けれどあの子は、そのことを嘆いたりはしないでしょう。
極限まで追い詰められて、絶望することなく孤高に立ち向かった。
苦しみ、胸を痛め、ぼろぼろと涙を落としながら。
行動力、判断力、そして勇気。
一つとして欠けさせず、そうしてやりきった。
見事の一言。
お母さんを守りながら、淡々と静かに大きくなってゆく。
きみはとびきり、いい男になりますよ。早人くん。

そして、いい男といえば噴上くんです。
いや、ちょっとびっくりしたのですよ。
ハイウェイスター戦自体がとても面白くて。
はらはらしつつも露伴先生と仗助くんの遠距離共闘が楽しく。
最後の展開まで目が離せない、本当に手に汗握る回でした。
噴上くんは、最初に病室で本体を見てやや驚いたのです。
もっとぼろぼろで息も絶え絶えな、ひ弱な子なのかと思いきや。
あーいう子でしたからね。
その時点で軽く意表をつかれておりましたのに。
少し後に、まさかの協力態勢。
そこからの孤軍奮闘。
全くの予想外だったため、これにはひたすら驚きました。
わたし怪我から復帰した直後の噴上くんへの評価が。
「噴上くんは後ろから頭はりたおしたくなるね!」でしたのに。
しかもいい笑顔で。
なのにあの、仗助くん退場後の、思いもしない展開で。
ページを繰りながら「えっ…えっ……」となり。
次第に口角があがってゆき、最後にぱあっと笑みが零れ、嘆息まじりに。
「……いい男だ!」な、評価となりました。
これまでの溜めといいますか、流れがあったため。
余計に際立って見えたのでしょうね。
あそこで噴上くんは一気に男を上げたと思います。
本当にかっこよかった。お見事、色男さん。
最初はただのチャラ男だと思っててごめんなさいね。


ああこれだけ書いてますのにまだ書き足りません。
吉良さんのことだって書いてませんもんね。
自分でも軽く戸惑っているのですが、心底四部が楽しかったのです。
楽しくて、大好きで、仕方がありません。
しばらくは四部でうきうき幸せに暮らせそうです。
ありがとう、仗助くん!
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
711 |  710 |  709 |  708 |  707 |  706 |  705 |  704 |  703 |  702 |  701 | 

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
05 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]