忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堂々巡りか、はたまたワルツか思考の迷路

唐突に押し寄せるゼルアメ愛で幸福ふくふく。
一挙放送の影響力、おそるべし。


最近どうにもこうにも疲れ気味で、割と息も絶え絶えだったのですが。
スレイヤーズ一挙放送のお陰で元気にひゃっはーとなりました。
具体的に申しますとゼルアメかわいすぎてじったんばったん。
色々と蘇りすぎてえらいこっちゃです。
けれど確か、わたしいくら好きでもスレイヤーズは書いていないはず。
でも小説は本編なら全巻今でも持ってるくらいすきです。
本棚整頓する機会は幾度もありましたが、手放しませんでした!
でもたぶん、ゲームは売っちゃった気がします……わあんごめん。
一挙放送で、思い出して、懐かしくて、読み返したくなってきました。
もう少し余裕ができたら、ちみちみ再読したいものです。
それにしても、ゼルアメ余波で日記が書けるくらい回復しています。
何なのこれは魔法なのあの二人自体がリカバリィなの。


またふらふらお話のことを考えています。
それにしてもわけわからん流れですね。でも最近いつもこうですね。
すっかり停滞している、習作百話を、いざ書こうとしたのですが。
まだ固まっていない、まだ書くのは早い、と進められていません。
これまでは、とにかく先に先に、早く書かなきゃ、だったのですが。
今回はわたし、人間が書きたいのです。人間を書いてみたいのです。
なのでもっと腰を据えて、がっちり考えて、練りこんで、構築して。
そうして完成した足場をもって、飛び上がりたいのです。

初めて、と言ってもよいくらい、『人間』を書きたいと思いました。
じゃあ今までは何だったんだ、と突っこまれそうですが。
確かに人間は書いています。けれど、メインではありません。
幹というか…主題というか、目的というか。そういうものではなくて。
自分でもきっちり把握しきっていないのですけれど。
どちらかといえば、情景を描こうとしていました。
例えば先日のFF5話。バッツを書いてはいます。
でもわたしが書く目的としたのは、リックスの村です。
もっといえばオルゴールです。更にいえば想い出のオルゴールです。
それを、文章にしたいと思っただけです。
登場人物はその過程で必要だった、悪くいうと道具です。
今までわたしは人間を殆ど、そういう風に書いてきた気がします……。
いやその、接触者対存在に関しては違うようにも思いますが。
あのふたりに関しては、本気で『ふたり』を描くことに専念でした。
そういう意味で、接触者対存在は特別なのでしょうね。

そういや、例外はもう一つあります。バハラグです。
バハラグのお話はわたしの中で、結構位置が特殊なのですよ。
書いたのはそこそこ昔のはずです。
で、普通、昔に書いたお話は色々とアレすぎて読むのがつらいのですが。
いえあの…腕が未熟だとか、語彙が貧弱とか……まあ今もですけれどね!
とにもかくにも、かなーり、拙くて、つらいのです。
ところがバハラグについては、それほど読み返してもダメージがきません。
人間を書いていないからなのですね。
最初から、ドラゴンを書く気しかないので。
ひたすらドラゴンに注力してドラゴンに全精力を傾けています。
……我ながら潔いほどの割りきりですね。
ドラゴン可愛いから…わたしの愛しいドラゴンたちほんま可愛いから……。
人間書くのを考えていないわたしが、ドラゴンに精魂をつぎこんで。
そうしてドラゴンを書き上げているから、すっきりおさまっています。
不純物抜きで、ドラゴンを描写することだけ考えていますから。
無理に人間を描かず、どこまでもドラゴンに全力。
だからこそ、文章の純度を高められたと申しますか……今読んでも平気。
特にレンダーバッフェのお話は、全ジャンル中でもトップクラスの満足度。
よく書けた、と思います。珍しく。
むしろあれより上手く書けるようになれるかしらと不安なくらい。

ここまで、つらつら書いておりますけれど。
正しいかどうかは分かりません。今更ですが。
ただ、そんな風に思うだけです。
まあ短くまとめますと、『人間』を書きたい。
『人間』というものを、きちんと意識して書きたい。
そう、考えだしています。




しかし。
それにしても、接触者対存在は色んなことを書かせてくれました。
いや、『書こうと思わせてくれた』のほうが正しいでしょうか。
雨の日。晴れの日。曇りの日。
お菓子。喧嘩。仲直り。甘いの。苦いの。肉弾戦。
ワガママ。手と手。血。赤。恋。
みんな、ふたりたちが、くれたもの。
だからこそわたしはふたりを書きたいと思い、ふたりを書いてきました。
たくさんのものをありがとう。それで今のわたしの文章があります。
そして今は。やっと、『人間』を書くことへ、辿り着けそうです。
どこまでもありがとう。わたしの大切なだいすきなおふたりさんたち。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
685 |  684 |  683 |  682 |  681 |  680 |  679 |  678 |  677 |  676 |  675 | 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
10 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]