忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あれだけはほんとあらゆる場所から滅するべき


昨日、日記を書こうとしたのですけれど。
とあることにより、ちょっと、無理になりまして……。


Gが出たのです。ええ。G。
グノーシスじゃありませんよ念のため。
我が家にヒルベルトは実装されておりません。
細かな説明は避けますが、まああれですよ、マザー2でいうあれ。
もし、あれに遭遇しようものならば。
やる気とか根気とか生きる気力とか失っちゃっても仕方ないじゃないですか…。
しかもどうして家族全員留守の時に出るのです。
わたし一人で太刀打ちできるわけもなく、お風呂にも入れませんでした。
やつが出現したの、よりにもよって、お風呂場だったので……。
家族が帰宅するまで、自室で怯えておりました。
具体的に言いますとモナドしておりました。
お陰で恐怖を忘れられました。ありがとうモナド。
さあちゃんと話がモナドに繋がったところでプレイ感想です。
合流、全員、以上!まで。
ネタバレ平気でホウ酸団子配備完了な方は続きからどうぞ。
得物は新聞、という気高く勇猛な魂をお持ちな方も勿論お進みください。
勿論、スプレーという名の遠距離攻撃派も拒むわけがありません。


・機神の手、どうもアップダウンの激しいマップですね……
・のぼりおりがやたら多いです
・けれど頭から『手の形』と分かっている所為か
・まだ、全体の構造は把握しやすい気がします
・巨神脚なんて、脚とか言われても分かりませんからねあれ(笑)
・少し進んだところで、あらまたイベント
・フィオルンにしか聞こえない音……
・咄嗟にそうだと判断できるシュルクの適応力がどこか悲しい
・現れたのは、何、この、ぬらりとした――

・あ、またパーティ変更。兄さんたちのチーム
・良かった、こっちも三人で固まってましたね
・メリア一人で投げ出されたりしてたら、どうしようかと
・リキ…一応パーティ年長組だといいますのに……
・それともノポンだからでしょうか。ノポンだからこういう性格なのか
・いやでも村の住人で『ノポンは可愛いから』とか言ってる人いましたし
・単なる可愛い、天真爛漫で、ほややんとした種族ではないような
・やつら色々分かってると思うのです
・でなければ、ああも商魂たくましく世界中を駆け回れません
・野営中。一瞬、メリアの体勢がよく分かりませんでした
・でもお陰で、途中から抱いていた謎がちょっととけました
・いえあの、ハイエンターって、どうやって眠るのかと思いまして
・翼がある以上、仰向けには眠れないはずだと思っていて
・特に大きな翼の人なんて、絶対に無理です
・横向きでも翼を痛めてしまいそうですし
・可能性として残るのは、うつぶせか、もしくは座ったままなのか
・座りっぱなしはつらそうだ…と考えていたところ、答え判明
・やはり、うつぶせ。ゆっくりおやすみなさいねメリア……
・む?あら立派な魚。はっ、ダークフィッシュってこれ?
・水の側で良かったです。食料調達してくれたのですねリキ
・おいしかったようで何より。腹が減ってはなんとやらです
・それに、おなかがすいていると、ろくなことを考えられなくなりますし
・しかし兄さんとリキの会話は絵面的にアレですが実際は年長組という
・ただのワガママにみせかけて、本当は――
・流石は、一家の大黒柱、ということでしょうか
・メリアの疲労だけでなく、兄さんの変化まで見抜いてしまうなんて
・促されて話し出してしまう兄さんは、やっぱり疲れていたのでしょうか
・それとも相手がリキですから。ついつい、話したくなったのやも

・まさか保護者(?)組による年少者たちのラブ話になるとは
・ちょっと予想外な展開でした
・いえ、わたしてっきり、兄さんとメリアでイベントがくると思ったのです
・このチーム編成ですから…メリアにしてみたら、フィオルンが気になるはず
・どんな娘なのかと問いかけるような展開だと予想しておりましたら
・まさかの年長者会議(メリアの年齢については現時点では保留とします)
・一番側で、ふたりを見ていた兄さん
・なにせあの状況でも、おでここつんで済ませちゃうふたりです
・兄さんにしてみたら、やきもきそわそわしたことでしょう
・我が身を省みてください、というのはこの場合多分禁句です
・早く花嫁衣裳が、そして義弟が欲しかったりだったのでしょう
・ただ、あんなことになってしまって――
・この時点で兄さんはフィオルンの意識が回復したのをまだ知りません
・異郷の夜空の下、合流も果たせず、心が少し怯んでしまうのは当たり前です
・さしもの英雄も、どうしたものかと、悩みたくなるのでしょう
・リキ――
・やだなにこのかっこいいちっさいおっさん
・こんなに貫禄溢れるリキを初めて見ました
・しかしこの口ぶりから判断すると、リキ、大きい子供もいる――?
・もうひとり立ちしちゃったような、成人に近い子供さえも
・下手したら孫がいるかもしれませんねこの小動物
・凄いやらかっこいいやら反応に困りますちっさいおっさん
・兄さんは親ではありませんが、フィオルン自慢のお兄さん
・親御さんに代わって妹を見守ってきた立場は、同じようなもの
・『見ていること』……
・手を出して、どうこう介入することはできませんから
・だから、ただ、見ている
・経験者の言葉は、重いです
・兄さんが笑えて良かった
・妹さん曰く、涙もろいそうですから、あれでもちょっと涙腺危険だったのでは
・あーもーあの爆弾発言から、色々邪推しちゃいますよ兄さん
・態度を決めて、腹を括って、メリアも元気になりましたし…さあ出発
・あらマップ見た感じだと、さっきシュルクたちがいた場所に近い
・合流合流!

・あれ、さっきの場所に皆いない。どこー?
・なんか奥に入れ…て、おおう、ロケーション発見びっくり
・え、隠れ里?
・いたあーーーー!!
・ああああやっとこさ全員合流!ひゃっほう!
・あ、これ兄さん涙腺危なくないですか。これはかなり危なくないですか
・鼻にきているのではと勝手に想像していますにまにま
・記憶が戻って…フィオルンという個の意志が戻って
・兄さんにしてみれば、全身から力が抜けたようになりそうなのでは
・けれどそこは年長組の意地と英雄の気概にかけて見せなさそうです
・最愛の妹を抱き締める兄
・けれどそこに、ちらほら戸惑いが見て取れるのが、切ない
・それにしてもびっくりですが…こんな里があるのですね
・ごめんなさいわたし思いっきり戦闘に入ると思いました
・機神界にも、巨神界でいう人に相当する種族がいるのですね
・興味津々、合流の喜びもそのままに、探索開始
・けれどあれこれお喋りした後
・キズナグラム見て驚愕したのはわたしだけでないはず
・何あの年齢。
・リアルに変な声が出ましたよ
・ハイエンターも大概でしたが、こちらは比喩抜きで桁が違います
・あれだけの時間を生きてきたら、世界はどう見えるのでしょう…
・そういや住人の方々に、穏やかな方が多い印象です
・長すぎる年月を過ごすうち、自然とかどがとれちゃうのでしょうか
・さて、待ち合わせ場所に行かないと



……とか言いながら探索ばっかしてましたよひゃっほう!
でも機神兵多くて戦いづらいですー…最初のうちは。
結局、攻撃力下がるの覚悟で武器変えました。
レベル上げやキズナ上げには丁度良いですね。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
330 |  329 |  328 |  327 |  326 |  325 |  324 |  323 |  322 |  321 |  320 | 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
12 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]