忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トロピカルファッションショー!


モナドをしていて、一番に追いたいものはストーリー本筋。
けれど現実にはクエストクラフトその他諸々でああああ。


エセポイズントカゲが二つ足りなくて数時間駆け巡ったり。
アッシュフォックス最後の一つが揃わなくて十数時間彷徨ったり。
花畑に行こうとしたらレベル表記赤のやつに襲われて逃げ惑ったり。
そして現在は、強敵の居場所が分からなくて半泣きです。
うわああああんアルバトロどこおおおお!?
真剣にどこらへんにいやがるか分かりません。
河口…あの広いマップでどの辺りを河口と捉えれば良いのです……。
名前からして鳥系かとも思ったのですが、空には見当たりませんし。
いっそ本当にトロだったのなら、水の中にじゃっぷじゃっぷ入りますのに。
ちくしょうアルバトロなんてだいきらいです。会ったことありませんが。
けれど今何が一番悲しいかと申しますと。
十時間以上楽勝で走り回っているマップにおいて。
いまだ、拾ったことのないコレクションアイテムがあるということです……。
一つさえ。たった一つさえ拾えていない果物があります。
それこそ拾っていないので名前すら分かりません。
くう、コンブタケなんて埋もれるほど拾ってますのに、どこか場所限定?
謎の果物。いーかげんでてきてくださいな……。
ぐちぐちめそめそ言いつつも、今日も今日とてモナド感想です。
シュルクのおつかい、そして誰かさんが目覚めて同道するまで。
ネタバレ配慮はありませんので、まだの方はお気をつけて。
まっかせとけー、な方がいらっしゃいましたら、続きからどうぞ。


・おっつかい。おっつかい
・皆のぶんの水筒をからころいわしながら走ってるかと思うと、何だか可愛い
・当然ひとりのおつかいなので、途中で戦闘はしません。こわいこわい!
・前の感想にも書きましたが、橋からだっぱんと飛びこんで
・目的地さしてじゃぶじゃぶ泳ぎます
・水から上がって一息つきつつ、結晶採取
・やれやれ、これで安心――
・って、うん?
・おお!?銀髪くんここできますか!
・あ。シュルク、記憶、おぼろげながらあるのですね
・わああ改めて聞いたら確かにセシルです
・でもそこはかとなく黒いようなセシルです
・つまり暗黒騎士ですか。あれそのままですねこれ
・わー、どう考えても策士ぽいというか食わせ者ぽいというか
・思わせぶりで知っていて企んでいて
・こう書いたら物凄くどっかの先生みたいですね!
・でもシュルクはもう少し警戒すべきだと思うんです。近い。顔が近い
・アルヴィース。実は、名前がなかなか覚えられなくて
・今も、思い出すのにえらく時間を要しました
・多分あと十遍くらい出てくれたらすんなり出てくるようになると思います
・む!襲撃!!
・相手を読んでこちらを読まれて。なんという裏側での駆け引き
・しかしこの切り返しは、シュルクにかなりきついもの
・モナドを過信するわけではないでしょうが…完全に近い信頼があるはず
・その力に導かれて、こんな遠い所まで来ているのですから
・ですのに、それが覆されたとなると。相当な動揺でしょうに
・そんな状況で、なんという鮮やかな手際――
・突然のモナドレクチャー
・戸惑いつつも、現在の使い手であるためか、シュルクも素直に応じて
・でもまさかこのまま戦闘入っちゃうとは少々予想外でした
・相手の数も多いし、イベントに集中していたので、随分あわあわしました
・けれどさりげなくアルヴィースがメンバー入っていて、おお、となりました
・でもアルヴィースが底抜けにやる気がなさすぎて、ああああ、となりました
・ところがそのうちあの無気力ダラダラ加減に少し笑えてきました
・明らかに手を抜きすぎです。まあ、わざとだから仕方ないですが
・だとしてもテンションまで下げる必要はないと思うんです
・わざわざ励ましに行きましたとも
・それとも、これも計算のうち?
・どうにか撃退二人がかり
・ただ、基本ごり押し戦法ですので
・今ひとつブレイカーのありがたみが分からないのは秘密
・呼ぶ声に、当然だと思いました。いくらなんでも帰りが遅すぎますもんね
・いえ遊び回っていたためとかではなく
・こ、今回は寄り道なしできちんとおつかいしましたし!
・迎えの声に応え、振り返るともうそこには――でしょうね
・戸惑うやら首を傾げるやら、この時のシュルクは大忙しです
・ラインの軽口にも、膨れるように反論してしまうほど
・もう、ラインもちゃんと聞いてくださいよ
・でないとシュルク、また話さないようになっちゃいそうです
・夢のような幻のような。けれどきっと、また近いうちに会えるでしょう
・何故そう言いきれるか?それは、前例を知っているからです
・ええそりゃあもうネピリムとかネピリムとかネピリムとか

・ともあれ戻って、メリアの介抱
・本当に戦闘における回復アーツと同じ使い方ですね。綺麗
・メリアはエーテル使いと聞きますし、エーテル消費量が多いのでしょうか
・低酸素とか低血圧とかそういうのと同じような感じで
・あ、気づいた気づいた。わーい
・シュルクはきっと嬉しいでしょうけれど、よく分からないものもあるのでしょう
・自分は知っているけれど知らない。相手は勿論自分を知らない
・不思議な相互関係
・けれどまさかひっぱたかれるとは
・まあ、痛みよりも驚きが先でしょうけれど
・ただあの状況を見るに、叩いた方も叩かれた方もびっくりしてますね
・あとさりげなくラインに対してメリア酷い
・メリアの声が思っていたよりきびきびしていて好ましいです
・まだ、誰にも心を開いてくれませんけれど
・ともあれこれでやっとこさパーティに女の子二人!二人いいいぃぃぃ!!
・ひぃいいいやっほおおおおおぉぉぉううう!!
・歓喜。ええ、それはもう歓喜の渦です
・うう、これで少しは華やかになります……
・でもまだ本格パーティインな感じではないので、参戦は控えています
・ごめんメリア。他のメンバーのキズナも上げておきたいんです
・あと貴女のアーツや特性を理解するのに、暫くかかりそうなんです
・もう少ししたら、ばんばん入れますからね
・同道しましょう。森の奥の可愛い村まで


ここまでー。
ふう、やっと現時点で進んでいる場所へ追いついてきました。
あと一回くらい書いたら、プレイ進行と感想が追いつきます。
まったく、感想を書くのさぼるからこんな羽目に。

メリアがパーティに入る頃…大森林に入ってから。
ちょっと、動揺することがありました。
いえですね。戦っていて、拾ったアイテムを装備していたのですけれど。
カルナの。カルナの装備が、あまりに、その、露出度が高すぎて。
装備を付け替えるたびに、びっくりあわあわしてしまいました。
『わあい新しい服拾ったー。カルナにあげ…って、うおおおお!?』
みたいに。驚きのセクシーさに困惑し、慌てて元に戻したりです。
セクシーすぎてはらはらするという謎の理由で、シュルクにあげたらあげたで。
今度はシュルクの露出度が上がる始末。
こっちもこっちで『シュルクは!脱いじゃ!駄目!!』
という、やっぱり謎の理由で装備つけかえつけかえ。
終わりません。
装備品を能力でなく見た目で選ぶという、駄目なプレイヤーまっしぐらです。

因みに困惑しながらも、そのうち観念して、カルナの露出度は上がりました。
あれもうレギンスじゃないと思うのです。どう見てもショーツ……。
ですので、どうかブーツだけでもロングにしようと必死です。
根性でも肌面積を減らそうとしています。危なく思えて仕方がないんです。
あと、シュルクの露出度上がると動揺するのはわたしだけでないと信じたい。
だって彼ひょろいですのに。あんなにひょろいのにおなか出しちゃいけません。
ならばむきゃむきゃしていれば良いのか、という話ですが。
ラインがハーフパンツになった時は『ラインは足出しちゃ駄目!!』
になったので、我ながら露出の基準がよく分かりません。
勿論その時は、即座に付け替えましたよ。装備。
ムゲフロやっといて何を今更なのやもしれませんが、あれは別物です。
むしろムゲフロは女性陣がああなだけで、男衆はがっつり着こんでます。
例外なのはカッツェさんくらいものです。きゃーカッツェさん腰細ーい。

現在、カルナの露出度は相当なもので固定されています。
しかしシュルクはどうにかきっちり着させることに成功しました。
むしろ熱帯で暑いでしょうそれ、というくらいに着こんでいます。
そのくせ頭装備だけトロピカルなので全体のコーディネートが不思議に。
まあ…色味は合ってますし、良いのやもですけれど……。
やっと一息ついたところで、今度はメリアの露出度が上がり頭を抱えています。
女性陣脱がないで。もっと着て。後生です。
しばらく見た目と能力と睨めっこなのですけれど。
この混乱の只中にあって、兄さんの装備は鉄壁の地味さで揺るぎません。
おかしいですね…どんな新しい装備を付け替えても。
兄さんの場合は見た時の第一声が大概『うわ、地味!』だったりします。
髪を括る系の頭装備は大好きなのですけれどね。
どうにかもっと華やかにできないかと苦心しても無理でした。
馬鹿なホムスの英雄が地味さに悩むだなんて。
いつか。いつかきっと、兄さんが華やかになるってわたし信じてます。

こんなよく分からない煩悶の最中、重装備のラインの安定っぷりときたら。
やはりメイン盾は格が(以下略)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
313 |  312 |  311 |  310 |  309 |  308 |  307 |  306 |  305 |  304 |  303 | 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
07 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]