忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某手羽先の存在が奇跡すぎます


ぬわー。またさぼりよってからにー。
……ご無沙汰しておりますもえぎです……。


すみません性懲りもなくまたごにょごにょしておりました。
そんな状態で文章書いても、ろくなことになりませんし。
開き直って口を噤んでおりました。失礼しました。
ついったではつい、ぽろぽろ言うてもおりましたけれど。
またちゃきちゃきと、書いていかないとです。
ええ主にモナド感想を。
何かもうやけくそのようにやつあたりのようにプレイしてしまいまして。
えらいお話が進んでしまいました。わー、感想がおいつかない…。
ので、数日は地道に黙々と感想を文章に起こしていこうと思います。
さあさ悪と無駄口は削除です。ちゃっちゃと参りますね!
綺麗な光のところから、おなかの外へ出る手前まで。


・イグーナが腹立たしい。ああ腹立たしい
・ザトールに長時間滞在する羽目になった主な理由はイグーナです
・もっと絞れば流刑の砦の所為です。ぅおのれー
・ガウル平原のターキンもうざかったですが、イグーナは輪をかけて!
・ああもう思い出しても腹が立つ
・そのうちたんとレベル上げてからいじめに行きます。悪です
・さんざに落ちたり流れたり追いかけられたり忠勝だったり落ちたり
・レベル表記が赤の連中をすり抜けたり追いかけられたり落ちたり
・たまに涙目になりながら進んだりどちらかと言えば落ちたりしながら
・やっとのことで最深部
・到着して暫く足場のあるところへの上り口が分からなかったのは秘密です
・最初は『あれ?姉妹像があるって聞いたのに…どこ?』だったのですが
・カメラ引いて引いて、うんとこさ引いてそして見上げて、やっと分かりました
・うわあ想像以上におっきい!
・あらら。ディクソンさんたちはここまでですか、寂しい…
・でもジュジュくんたちもいますし、仕方ないですね
・わーいしかもコロニー6の復興も始まりますよまた行かないと
・……ここから戻るの、大変じゃありません?え、これ禁句?
・去り際ディクソンさんのライン評にちょっと、きゅん
・立派な体格に見えるラインでも、まだ若造扱いなのですね
・けれど兄さんと一言も会話なかったのが少し寂しい
・さあでも別れの余韻に浸る前に、久し振りのストーリークエストですよ
・マップ暴走しまくってたお陰で、既に二つアイテム持ってました
・残り二つも、目印のお陰でさくさく入手
・けれど早々に進めるのが何となく嫌なので、例によって寄り道
・イグーナと修羅場を演じたり秘密の泉を見つけたり運び屋だったり
・あと戦闘中、画面外からレベル赤のやつに殴りこまれて全滅したり
・普通のレベルの相手と、普通の戦いしてる時にあれは卑怯です
・そんなこんなで、年貢代わりにアイテムをおさめて
・さあこれで先へ進めるぞー、と思っておりましたら
・……何も、起こらない?
・あれ。どうして。おかしいな、何か忘れてた?
・内心小首を傾げながら、クエストログ確認
・えーと、アイテム揃えて、奉げて、それから守護者と
・……守護者……?
・ログと睨めっこしてから画面を一つずつ戻り、頭に疑問符を乗せかけた途端
・襲撃。
・あわわわ。あわわわわ!
・ちょ、ログ読みながらじわじわ嫌な予感させてたらこれ!?
・まだメニュー画面開いてる状態で襲撃とか卑怯すぎる!
・心の準備もへったくれもありません
・倒しましたけれどね!ぜえはあどきどきしながら
・やれやれ、やっとこれで―…
・転移装置起動拒否とか最後まで卑怯すぎる
・カルナの反応が正しいと思います。のぼれと。あれを
・ええ落ちましたよ。落ちまくりましたったら
・姉妹像の胸元まで歩いて行けた時は驚くやらどきりとするやら
・あとすみません、なにぶんかなり以前のことでうろおぼえなのですが
・兄さんとシュルクの会話は、ここで良かったですっけ?
・間違えてたらすみません
・使い手二人。けれど、剣の表情は異なって
・普通なら、旧使い手が良い気しなくて当たり前なのですけれど
・流石は英雄。度量が違いますね
・……内心はどうか分かりませんが。少なくとも外面は揺らぎません
・いっそこの場合、シュルクのが恐縮してそうに思えます
・なんだかんだで流れのまま使ってましたが、公認おめでとう
・改めてお互いの心境を確認しあってから、さあ、胎内へ――

・ここ、表記が『体内』でなく『胎内』なのが何かもう
・しかもマップの場所名が臓器っぽいのがなんとも
・あと、ちょっと気になったのですけれど
・胎内に入ってから、モナドの光り方がいつもと違う気が
・気のせい?けれど、今まであんな光り方しましたっけ
・舐めるような…脈打つような……あんな
・間欠泉が最初エーテル流かと思っておののきました
・甦る地下坑道での悪夢
・けれど、普通に入れることが判明して一安心
・敵がさあでるぞでるぞと身構えておりましたら、しんとしていて
・拍子抜けしつつも、嬉しかったです
・むしろザトールで躍起になって走り回りすぎました
・ぬるく湿った大気を感じられるような場所を抜けたら、次は


ここまでです。
むー。やはり早く書かないと、詳細忘れちゃいますね。
ただでさえクエストしすぎて本筋忘れがちですのに。
さぼるから悪いのです。自業自得も大概です。
数日は、黙々と粛々と謙虚にストイックに感想を書いて行こうと思います。
がんばるぞー。おいつけおいこせー。おー。

……ノポンになりたいです。
ノポンになって、七色手羽先食べて暮らしたいですふふふあはは……。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
311 |  310 |  309 |  308 |  307 |  306 |  305 |  304 |  303 |  302 |  301 | 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
09 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]