忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦略的無条件降伏とはいいがたい敵前逃亡の果て


英国各公爵家の繋がり方が異様にややこしくて内心ないています。
分かりにくい…分かりにくい……!


何度読み返してもこんぐらがりますよ!
特にサマーセット公家とボーフォート公家あなたがたのことですよ!
前者の名字がシーモアで後者の名字がサマーセットで。
関係があるからこうなっているけれど実際は無関係とかもう。
このややこしさ。
日本と違って、頑ななまでの男子継承が原因なのでは。
一度男子が絶えてしまうと、そこでお家断絶でなく、遡るから。
酷い時は何代にも渡って、血を遡るものですから。
それで余計にぐっちゃんぐっちゃんになってしまうのでは。
いや、そもそもわたし英国史に疎すぎます。
これはもう根幹から勉強しなおすしか道はないのでは。
基盤、根っこの部分が把握し切れていないので。
そこへ知識を積みあげてゆこうにも、基礎が駄目では崩れるばかり。
うう、また適切な本を探さないとです……。

しかしわたしが英国史に触れなければと心がけるのは、初ではなく。
実は以前にも一度、ああちゃんと調べなきゃ、と思っていたのです。
つまり機会はあったのです。
それをさぼったばっかりに、現在このざまです。自業自得ですね。
因みにその機会というのは、アトリーの『時の旅人』読了時です。
すっかり大好きなアトリー作品、その代表作。
にも拘らず、わたしあのお話はちょっと苦手で。
……訳の問題も、多少はあると思うのですけれど。
理由を誰かへ押しつける以前に、自分の責任に目を向けなければ。
内容が呑みこみきれなかった、というか、浸りきれなかった、というか。
あの作品は濃密なまでに英国史が、物語の主軸として、含まれていて。
そこらへんの基本が、わたしはすっぽ抜けていたため。
訳がやや肌に合わないということも手伝って、はじかれてしまった。
再挑戦したいと思い続けてはいたのですけれど。
せっかくこうして、英国へ興味を持つことができたのです。
勉強しなおして、たっぷり色々ためこんで、理解してから。
もう一度挑んでみるのも、よさそうですね。

り、理論武装に笑顔を不可欠という名ゼリフを。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
763 |  762 |  761 |  760 |  759 |  758 |  757 |  756 |  755 |  754 |  753 | 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
06 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]