忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初秋の激闘24時 今夜貴方は目撃者



注意!本日の日記は何と申しますか『虫っぽい』ものが含まれております!
『足がいっぱいあるの嫌』といった方は回れ右をお勧め致します。


あと、題名はだいたい嘘です(笑)
昨夜、さあて日記でも書くかと思いましたら、とある事態が発生。
そちらにかかりきりで、えらく時間をとられてしまいました。
お陰で日記が書けませんでした。
まあ、そんな大事ではないのですけれど……。

お風呂上りでほこほこしつつ、自室に戻ろうとした矢先のことです。
ふいに、姉の部屋からかかった声に呼び止められました。
姉は基本的に部屋の扉が開けっ放しなので、廊下のわたしが見えるのです。
振り向くわたしの視線の先では、いやに神妙な顔をした姉の姿。
けれど、ベッドに腰かけるその表情には、どこか途方に暮れたものも混じって。
どうしたのかと歩み寄るわたしとの会話が、こんなでした。

もえぎ「どないしたの?」
姉「……あんな。わたしな。仕事しててん」
もえぎ「うん(何故カタコト…)」
姉「そしたらな。腕にな、いつの間にか、秋の虫がおってん」
もえぎ「(段々読めてきた)秋の虫…それは、コオロギ的な?」
姉「コオロギではないけど…とにかく、秋の虫っぽいの」
もえぎ「……Gではないよな?
姉「Gではない。

最大の関心事はそこです。
ともあれ。その後もよくよく話を聞いてみますと。
『驚いて咄嗟に振り払ってしまう→虫が姿を消す→後悔→仕方なく仕事再開→いつの間にか膝に虫がいた→驚いて咄嗟に振り払ってしまう→虫が(以下略)→後悔→現在に至る』
ちょっとした無限ループみたいになっておりました。
虫が苦手の姉では、仕方がないこととは思えましたが。それにしても。
そんなこんなで。
このままでは仕事はおろか、夜眠るのも怖いので、加勢を、とのことでした。
Gでなければたいして怖くもないので、快く引き受けました。
なにせほらGは。Gは……。
で、姿を消した秋の虫くんをどうしようかと相談。

もえぎ「どこ消えてもたん?」
姉「家具の下のほう……」
もえぎ「じゃあ、まだ下におるんかな。秋の虫ならそんな飛ばんやろし」
姉「なんかあの子人間が好きみたいなんよ。何度もあたしにくっついて…うう」
もえぎ「取り敢えず武器かなー。虫殺し薬どこかしら」
姉「お風呂場にあるはず」
もえぎ「じゃあ取ってこんと。ヘアスプレーもいいらしいね」
姉「あー、言うなあそれ。ドライヤーとかね」
もえぎ「……Gではないんよな?
姉「Gではない。なんかおしりが赤っぽかったし」

しつこく最重要事を再確認しておりましたら。
まさかの、唐突な出現。
しかも部屋の高い位置。
想定外の事態、しかも迎撃態勢の整っていない状態。
あわあわしているうちに、秋の虫くん(仮称)は下まで下りて、床をちょろちょろ。
そして今度はベッドの下へ――
戦況。悪化。

姉「……あたし、今夜、寝……」
もえぎ「ねえさんねえさん、落ち着いて。ごめん不覚を取った」
姉「ベッドの下て!一番悪いわ!」
もえぎ「お薬撒いてあぶりだすか」
姉「あかん。着物いっぱい置いてるから」
もえぎ「……箱には入っとるけど、まずいわなあ。箱ごと取り出すしか」
姉「うう、いっぱい積みすぎた……」
もえぎ「じゃあ武器取ってくるよ。スプレー以外にも」
姉「あれ叩くの!?叩けるの!?」
もえぎ「Gじゃなけりゃね……あれGじゃないよな?」
姉「姿見たやろ?Gではない」
もえぎ「でも何か…ちょっと疑わしい……あ、でも違うか」
姉「?」
もえぎ「Gとは気配が違う。Gの発する威圧感というか…そういうのがない」
姉「やろ」
もえぎ「ある作家さん言うところの『負のカリスマ』は感じられんかった」

形は多少似てはいましたし、機敏な動きもヤツを想起させました。
けれどまとう気配は似ても似つきません。
あの圧倒的な黒い、邪悪な気配。
それを『負のカリスマ』と名づけたマキメさんは天才だと思います。
ともあれ、敵はGではないと結論づけました。
そして急ぎ部屋を離れると、スプレーとエクスカリバー(夕刊)を用意。
スプレーを姉に手渡し、隙間から噴射。
逃げ出したところをわたしが撃滅、という作戦。
姉妹の実に小規模な共同戦線です。
しかし、姉がいくらスプレーを撒いても、出てくる様子がありません。
焦り始める二人。
軍議が開かれ、その結果、今少し箱を取り出してみることに決定。
更に箱が取り除かれ、空いてゆく空間をこわごわ覗き込みましたら。

もえぎ「……あれ?」
姉「ううう、どしたん?どしたん?おる?」
もえぎ「おった」
姉「ひい!?」
もえぎ「でも、もう引っくり返っとるよ、あの子」
姉「え?ほ、ほんま?」
もえぎ「うん。地味にスプレー効いてたみたいやね。じゃあ後は引きずり出せば」
姉「…………(すがるような眼差し)」
もえぎ「分かったから。わたしやるから。これ(エクスカリバー)で招き寄せて…」
姉「あかんねん。あたしほんま虫はあかんねん」
もえぎ「わたしはミミズとかナメクジとかも平気やけどね。カマキリも掴めるし」
姉「カマキリとかもえぎちゃんどんだけ凄いの」
もえぎ「Gでなけりゃ、Gでなけりゃあ……」
姉「あたしも台湾の時はGと激闘やったけどね…泣いたわ。あれは」
もえぎ「台湾住まいの時は凄かったらしいねえ。それこそ激戦区やない」
姉「ブランク空いたから、なまったんかしらね」
もえぎ「とにかく、今は後片付けを。つついたけど、やっぱ動かな……あれ?」
姉「な、何?」
もえぎ「動いて…いや、もう逃せない逃さないチェストオオォォーーー!!

かいしんのいちげき?
何故か咄嗟に示現流が。
秋の虫くんにトドメをさすと、すぐに事後処理。
……悪いことしてませんのにね、虫くん。
一抹の申し訳なさを感じつつもお弔いしておきました。
姉には手放しで感謝されましたが、胸には少し複雑なものが残りました。
Gでなければ、Gでさえなければ殺生せずとも。ですが。
お盆の八月、祭り月の十月でない今なら、少しは許されるでしょうか。
そんなことを思った、ひゅるりと涼しい夜のことでしたとさ。
状況・終了。


・Tさま

わあ、いらっしゃいませ、お久し振りです!
あはは…何やら開き直ってしまいまして、オリジナルなど初めてしまいました。
拙いものではありますが、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
しかしまさか清一が気に入って頂けるとは(笑)渋好み…素敵です。
今はちょっと視点が変わって、出番がありませんけれど。
そうですね、来週にはまた、姿を出す予定です。
完結まで少々不安が残りますが、よろしければお付き合いください。
うう、しかしオリジナルってはずかしいものですね。
お返事しながらも何やら面映くって…こそばゆいような、そわそわと。
勿体無いようなお言葉、ありがとうございました。精進致します!


・Yさん

わあいYさん!ご無沙汰しておりますー。
オンリもう少しですね、うきうき楽しみです。勿論、行きますよ!
紺堂嬢も一緒の予定です。
ただ…サークル申し込み、忘れちゃってまして、一般参加です。
自分のうっかりっぷりに暫く頭を抱えました。
悔しいので書きかけだったイド話完成させたりしてました。
本にしようと思ってたのですけれどね……ああああ。
最後のあがきとして、当日参加できないかな?とも思いましたが。
流石にスペース満了でしょうし。諦め顔です。
沢山の方の新刊を心の支えに、いそいそ赴こうと思います。

ぎゃあ。オリジナルの感想まで。
こうやって公開するのって存外はずかしいものですね。痛感しました。
フェイエリィなら、どんな甘いの書いたって羞恥心とは無縁ですのに。
……それはそれで問題でしょうか。
細々と、しめやかにひそやかに続けようと思っておりますので。
よろしければごらんください。お言葉、ありがとうございました!
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
157 |  156 |  155 |  154 |  153 |  152 |  151 |  150 |  149 |  148 |  147 | 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
06 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]