忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

果たしてこれは歴史な話なのか若干怪しく



あら。明日のえぬえちけは、うちのお城をしてくれるのですね。
ふふふ、きれいに映してくださいな。


うちの地元で観光資源といえば、お城くらいしかありませんからねえ。
大切な大切な存在です。
たったひとつきり、という所為で、扱いも丁重になってしまいます。
少し歩いただけで日本史の舞台がごろごろある洛とは違います。
通学路に国宝、校舎は府の重文、教室の窓から世界遺産、とかでしたからね。
そりゃあ感覚も麻痺するというものです。
たったひとつの、きれいなお城。愛しいお城。
たまにお目にかかると、遠くからでも、一日良いことがありそうな気分です。
地元小学校とかの定番遠足コースに入っていたりもします。
ですから、もしお城へお越しのことがありまして。
お城見学中な、小学生の側を通ることがありましたら。
きっと、先生と生徒の、こんな光景が見られるはずです。

「さー皆、この穴(注:城壁の狭間)からは何が出るかなー?」
「弓矢ー」
「鉄砲ー」
「火ぃついた油ー」

などといった、実に心温まる会話が聞けるものと思われます。
綺麗なだけでなく堅固ですからね!あと、心霊ものにも事欠きませんよ!
しかし最近、こんなお城への落書きが酷くって……。
地元のニュースで話題になってしまうほどでした。
お城を傷つけるとか、その考え方が根底から理解できません。
思わず友人と、こんな会話をしてしまいました。

もえぎ「このところねえ、お城の落書きの話を聞くやん」
友人「ああ、聞くな」
もえぎ「比喩抜きで言うわ。犯人滅べ。」
友人「まったくやね!」
もえぎ「ひとさまの城に何さらしとるか……」
友人「監視カメラの死角をつくらしいな。タチの悪い」
もえぎ「悔しいなあ。現行犯目撃したら、わたし積極的にマウントポジション取りにいく自信があるのに。あ。でもお城にはおさかべ姫さま(天守閣の妖怪)がいはるし、呪うくらいはお手のものか。姫さまなら首とってくるとかも楽勝よ!」
友人「天守閣には姫さまのお社もあるしな」
もえぎ「うん。それにお菊さん(皿屋敷伝説)の井戸かてお城の中あるし、狼藉者放り込んでしまえ。ああ、あと腹切丸もあるな。切腹する場所とか言われてるけど、城内で血を流すわけはないけどねえ。まあ、名前的に粛清には向くわな」
友人「お菊井戸、落ちんように金網で蓋してあるけど……」
もえぎ「それにそれに!お城の側には昔、軍事施設もあったよ。その跡地に図書館建ってて、知り合いの司書さんに聞いたけど、地下書庫には何人かお住まいなそうな」
友人「……見えたんか。それ」
もえぎ「軍人さんと、小さい女の子やってさ。勘の良い人は、暗くなってから地下行くのを全力で嫌がるそうよ。ともあれこんな風に、落書き犯制裁してくれそうな要素はたーんと揃っとるわ。あんしんー」
友人「何でうちらのお城は、こーゆー話いっぱいあんのかな……」

不思議なほどの盛りだくさん。でもまあ、お城綺麗ですしね。良いですよね。
けどこの秋から工事に入っちゃうので、あの優美な姿も数年間見られません。
こんなに寂しいことったら、ありません。
工事が始まる前から、早く終わらないかなあ、とばかり考えてしまいます(笑)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
158 |  157 |  156 |  155 |  154 |  153 |  152 |  151 |  150 |  149 |  148 | 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
11 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]