忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

多くとも五千字くらいのつもりでした


うおおおお、頭の切り替えうまいこといきましたあああ。
書ける! 書けましたよひゃほう。肉付けおしまい!


これで後は見直しですよわーい。わーい!
ああ、ここにきて切り替え成功して良かったです……。
何がきっかけになったのかは、いまだに謎ですが。
単純に時間の問題でしょうか。
少し間をおけば、自然に頭の中も切り替わるもの?
いやしかし助かりました。これで、残りは五日。
間に合いそうです。ほっとしました。
……けれど。

もえぎさんや、あなたこれスケッチのはずでしたよね。
だから設計図もろくに引いてませんよね。
なのにどうして七千字オーバーなの。
スケッチとは。スケッチとは……。


何だか書けば書くほど計画性のなさに押し潰されそうです。
なんなの。いつになったら成長するの。
こうなったら、せめて、題名でどうにか挽回を試みたいところ。
だってこのままではあまりにアホすぎます……。
残り五日、見直しながら題名の模索。時間は、あります。ある。はず。
きちんとお話の中から、髄を見出して、取り出して、まとめて。
直接的ではなくでも婉曲すぎず心にいつも写実を。
とはいえ味気なさ過ぎるのもいけなくて。
本当に題名は難しい。
わたし先生にも駄目だしされまくりでしたしね……。
注意されてから、何となく、体言止めは避けるようになっていたり。
まあ完全に避け切れてもいませんけれどね!
体言止めだと、動きが、広がりが、そこで止められてしまうから。
かといってやたら長くなりすぎてもいけません。
ええ、このところの課題はこれですね……長すぎるのです。
適度に! まとめて! ああもう難しいったら。
なので最近の中だと、仗助くんと承太郎さんの題名がお気に入りです。
ほんと近年稀な出来だったと我ながら思います。
きちんとした題名を、計算して決められるようになればなあ……。
いつまで経っても、閃き頼りです。

因みに今回のゼノブレお誕生日話。
BGMはPerfumeさんで大助かりでした。
ジョジョの時も聴いてましたが、このたびは更によくはまりました。
特に心のスポーツと、チョコレイト・ディスコ。
後者なんてぴったりでした。ありがとう、フィオルン。メリア。
恋するおんなのこは本当にかわいい。書いててしあわせです。
さあ。残りの日々、気を抜かずに頑張らないとです!
PR

あなたとあなたが繋がれば


予想外に長くなってしまったお話の後に、短いお話。
物凄く楽に書けている気がします。


ああ、ちゃきちゃき進んですらすら終わるって素晴らしい。
一つのお話に三千字とかですもんね。
文字数で比べると違いは歴然です。
とはいえ、短いから適当に、というわけではなく。
しっかりお話の髄を抜き出して、凝縮させなければ。
まあ…結局ギャグなので、気が緩みがちなのは事実ですが……。
いけません。きちん、きちんと。油断せずに、真摯に!
……とか言ってる側から難航してるのが一つ発生しましたよむやー。
なんなの。油断の報いなの。

そして、その短いお話を書いていて気づいたのですけれど。
ゲーム大好き仗助くん。
プレイしてるジャンルは、効果音からシューティングと睨んでいます。
ええお陰でお話のために当時のシューティングは何か調べてますよ……。
それはさておき。
会話から察するに、スポーツ系のゲームもしている模様。
と、いうことは、あまりジャンル問わずプレイしている可能性も?
なら……。
仗助くん、ゼノ、してないですか。
ゼノは発売年が1998年! 4部本編は1999年!
プレイしていても、おかしくはないのだと気づいたのです。
ややわもしもそんなことになったらわたしの胸の高鳴りが有頂天。
ねえ仗助くん、もしプレイしたのなら、とっても素敵だったでしょう。
純愛タイプなあなたには、きっとぴったりやと思うの。
あのふたりたちの歩んだ道を、仗助くんが見ていたと考えただけで。
うっかり、とんでもなく、嬉しくなってしまったのです。
端的にまとめると『単純』の一言に尽きます。


このところ続けざまにジョジョばっか書いておりますけれど。
来月にはゼノブレお誕生日が控えています。
……母の日を祝い忘れるという大失態の後です。
何か書きたいなあ、と考えています。
うーん、どんなのにしましょう。短いものでも良いでしょうか。
モナドは書きたいもの、大方書き尽くしてしまったので。
それでも短くて、書けるもの、となると。やはり。
もえぎさんだいすきレシピ関係で攻める方向に。
ああ、そうですよ。わたし最近ちっともたべもの書いてません!
子供か機械かおんなのこ、あとたべものが書ければ大体しあわせですのに。
このところ、これらの要素ちっとも足りていないのですよ!
筋肉はしばらくいやですよ! おとこのひとばっかとか心が萎れます。
しつこいくらい言います、吐息のようにそっとおんなのこをください。
おんなのこ描写飢餓状態が続いたものですから。
昨日のお話で、徐倫さんの描写へ暴走に近いブーストという影響が。
でもほんと嬉しかったのです、書けて…砂漠に甘露な心情でした……。

まあ、一度飢餓状態を味わったことで。
男女の表現差、みたいなものを実感できたのは、良かったのやもです。
普段、さほど意識していませんでしたけれど。
違いますね、言葉。当たり前の話ですが。
や。その。わたしの語彙が貧しいものですから。
おんなのこがいないことで、表現の幅が物凄く限られてしまったのです。
みうごきがとれない。そんな感覚に陥りました。初めてのことです。
そういう意味では貴重な体験でした。
でも、そう頻繁にはしたくないと強く思いました。
たまに、だから良いのです。もし、気軽に何度もがんがん重ねようものなら。
確実にわたしの寿命がおんなのこ飢餓でマッハです。

花咲くいとしいひとのため、世界を壊そうとしたひと


見直しやってますイエー。
でも終わっちゃいましたイエー。……はよ次を書けと。


指はうごうごしてるのですよ。書きたくって。動きたくって。
でも資料が読みきれてませんうおおお。
たかだか三冊くらいですのに。しかもうち二冊レシピ本。
普段ならさくっと読めてしまうはずなのですけれど。
このところ謎の忙しさで、くたくたになりがちで。
ああ、あと適切な時間にごはんを食べられないつらさがつらい。
いっそ逆に考えて一日二食にすべきなのかとか。
もしくは食べられないのが普通で食べられるほうがレアと思うべきとか。
あれやこれや対策を試したりもしたのですよ。
お昼の量を減らして夜は普通に食べたり。
お昼の量を減らして夜も量を減らしたり。
現在とっている作戦は、下のほうなのですけれど。
一日のうち、おなかいっぱい食べられる時がない、というのが。
こんなのにもつらく、虚しく、気力を奪うものかと思います。
お陰で本の読めないこと読めないこと。
本や、お話のためにも、どうか吐息のようにそっとごはんをください。
ごはん…わたし、ごはんがたべたいの……。


友人から、音楽をごっそり借りました。
これでしばらくは音楽に不自由しませんわーい。
貸してくれたものの中に、カプセルさんがたっぷりありまして。
久し振りにフルーツクリッパー聴きましたらぐわあああ。
聴いた頃の記憶が音と共にわたしの底から引っ張り出されて。
唐突にケビシオで意識が塗りこめられそうになりました。

エピ3での終わらせ方、終わり方につきましては。
以前の日記でかなりがっつり書きましたので割愛します。
なので今回はただ、ケビシオのこと。
大好きなのですよあのお二人…ええ、ほんと大好きで……。
どうしようもない、素晴らしい、度し難い、われ鍋にとじ蓋。
破滅に向かうしかない。壊れてゆく、壊してゆく世界のふたり。
けれど彼はただ彼女だけをみていました。
彼女のためだけをおもったからこそ世界を壊そうとしました。
救いがたく欠けた一人と一人は、一緒にいてやっと埋められて。
満たすことができるのは、お互いだけでした。
ばからしいほどの似た者同士。
だからこその、幸福なわれ鍋にとじ蓋。

エピ1の頃からずっと好きでした。
KOS-MOS起動前の回想場面がそれはそれはだいすきで。
そのまま設定資料集読んだら、あ、となりましたし。
トドメがKokoroの歌詞ですよ。
びっくりするほどラブソングですもんね。
当時から「監督、これ書くの相当はずかしかったのでは……」
と勝手に勘繰っておりました。
まあ後に更に上回るラブソングが現われるわけですが。ねえシュルク。
拙宅のシオンさんは、基本的にKokoroの歌詞を重んじるようにしています。
あの歌詞こそが中心。根幹。
最もシンプルに分かりやすく的確にシオンさんを描写したもの。
色んな媒体が出たり、続編が出たり、あれやこれやがあっても。
髄は、あそこにあると考えています。
何度も言うてる気がしますが、シオンさんはとても難しい。
理解するのも、表現するのも。
適当に触れようとしたら、途端に浅薄になりかねません。
そんな時こそ歌詞を思い出します。あれこそが基礎なのだと。
すると、どうしても。
シオンさんの中におけるケビン先輩の大きさが際立つのです。
それを意識した上で先輩側の視点で考えたりしようものなら。
どちらもどちらも、それぞれ求めているのだと気づいて。
たまらない気持ちになったりするのです。

最後の選択はああでしたし、結末もああでしたけれど。
いまだにわたしの中でケビシオの地位は揺らぎません。
独善だとか、我侭だとか、そんな意見もあるのでしょう。
むしろそちらのほうが多数だろうとは知っています。
それでもわたしはあのお二人が好きです。だいすきです。
ふたりで滅ぶことができた世界も、見てみたかったとさえ思うほど。

お誕生日反省会会場はこちら

反省会です…ええ反省会ですそれ以外に何をせよと……。
すみません。きっと間に合うものと、調子に乗りすぎました。


本日の日記は九割がた言い訳です。
そういったものがお嫌な方は、回れ右をお願いします……。

前回書いたジョジョが、割とさくさく完成したこともありまして。
「四日もあれば大丈夫★」とか我ながら貴様お誕生日なめとるのかと。
……いけませんね。酷い甘えでした。
いくら指の調子が良さそうだったから、とはいえ。
書き慣れたゼノなら、もっと楽に書けるはずと。油断、油断……。
その何よりの証拠が、いつもに増してやっつけ感溢れる題名です。
うう、でもこれが限界でした……。
お話自体も、想定より長くなっちゃいましたしね。
当初は三千から四千字くらいを見こんでいましたが。
いざ終わってみれば五千字オーバー。相も変わらずな目算の甘さです。
ああもうほんと反省点しか見えてこなくて。
そしたら次第に、よくあるあの症状がまた出てきました。
『自分の文章読み返すと悪いところしか見えない』的なあれです。
もう総ツッコミと申しますか、全否定と申しますか。
自業自得とはいえしょんぼりしてきました。

いいかげんこんな愚痴ばかりうだうだするのも感じが悪いですね。
や、本日の日記はのっけからずっとそんなでああもうすみません!
続きから、今回のお話における、ネタバレやら書きたかったことやら。
書いてる本人だけが楽しい、割とどうでもいいこと詰めています。
最初は、単に「雪のふたりを書こう」というだけだったのですが。
途中で微妙にテーマみたいなものが浮かびました。
とてもとても好きな漫画の台詞をちょっとお借りして。
「こんなに美しいものを目にしながら、あなたは何をぼんやりしているの」
などと、うっすら考えながら書いていました。
そんなお話の裏話。
読了後に、よろしければどうぞ。




『春告鳥に歌を咲かせて六つの花』

ゼノギアス、お誕生日おめでとうございます。

うまれてくれてありがとう。
こんなにも、愛させてくれてありがとう。
だいすきなあなたに今年も感謝と敬愛を。
そして携われた全ての方々に安寧と幸福を。
わたしがお返しできる、お祈りできる、精一杯のものを。

とはいえすみませんなにかもうぎりぎりでいっぱいいっぱいです。
ひ、ひとまずお話だけでも……言い訳は後日します。
ED直後フェイエリィ。雪原アジトにて、です。



1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 | 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
08 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]