忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そこはかとなく一期一会や淡交にも似て?


むきい。しばらく、ろくに書くことができなくなりそうなものですから。
今のうちに書こう!と、思っていたのですけれど。


どうにもこうにも指がにっちもさっちもです。
書いていて、視点や方向や言葉がばらばらになる感じ。
こういうときはしみじみと、才能のなさを思い知ります。
偉そうに文章のことを語ろうと、結局は口先だけなのだと。
いざ書こうとしたら、即座に灯台と羅針盤をなくした航海と化します。
一言でいえば迷子です。悲しいほどの実感を伴った。
うむ。ひどいものです。

何も考えていないかしら、と指を動かしながら思います。
わたしは目先のことを条件反射のように書くばかりで。
いえ…だからこそ、『習作』ということで、お話百個計画してるのですが。
質を求めるほどの腕をわたしは持っていません。
ですので数を。今はひたすら数をこなして、積み重ねていこうとして。
その数すら、なかなか、堆積させることができません。
数をこなせ、と言い聞かせているつもりです。が。
つい書くうちに欲が出て、粗削りにやすりをかけようとしてしまう。
一応、日記にはアップしているものですから……。
ご覧の方は、ほんの数人もいらっしゃるかどうかでしょうけれど。
それでも目を意識して、少しでもましに、と思ってしまうのです。
ああ、謙虚なナイト風に言えば、この浅はかさは愚かしい……。
以下またエピ2のことでぐちゃぐちゃ言うてるので、反転しておきます。
エピ2が純粋にお好きな方は、無視してお進みください。


人を一人、書こうとしたら、その生に責任を負わねばと思ってしまうのです。
その人はどんな道を歩んできた?どんな考え方をしてどうものを見る?
そうしてどうやってその人物を描こうとする?
考えすぎなのやもしれません。
名前だけつけて、適当に声を発させておけばいいのやもです。
けれど、かつて、わたしはそれを蛇蝎のように嫌いました。
ええ。エピ2です。
エピ2以降のサーガは、街の人にも片っ端から名前がつきました。
けれどそれはただの名札でしかありませんでした。
中身が何も伴っていない。人格が与えられていない、ただの発声装置。
名前どころか、記号や番号のようなものでした。
名前をつけただけで、あとは使い捨てされているようで。
それがわたしは、生理的に嫌で嫌でたまらなかった。
なのに今、同じようなことをしようとしている。
自身にまとわりつくこの嫌悪感。



書く人物をどこまでもどこまでも知ろうと思えば、潜れば良いのです。
それは時間がかかります。自分の境界がなくなるまでの行為。
奥深く、暗く、潜って、潜って……。
それを。百回。
わたしにできるものでしょうか。
ああ、いえ、そこまでしなければ、書けないものなのでしょう。
本来、書くということは。
ならばこそ一つ一つの話に真正面から全力勝負で挑める。
技巧に走らず、粗削りであっても。戦友と共闘している気分で。
かくありたい、と思います。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
508 |  507 |  506 |  505 |  504 |  503 |  502 |  501 |  500 |  499 |  498 | 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
07 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]