忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もえぎは しょうきに もどっ…た?


タイトルが疑問系な時点でもう。にっちもさっちもどうにもこうにもゼノまみれ。
オンリ以来ゼノづきすぎて困っています。とても幸福に困っています。


気がついたら、BGMがゼノでした。
ディスク1と2を、とっかえひっかえしながら聴いています。
その状況にあることを思い出して、ついくすりとしてしまいました。
まるで。ゼノ発売初年の、頃のよう。
あの年わたしは、半年以上、ゼノしか音楽を聴きませんでした。
プレーヤーには常に、サントラかCREIDか、が入っていて。
流れるのはその三枚のうちの一枚。
そんなことが、半年以上続いたのです。
飽きもせずに。満ち足りて。他に音楽を求めなくなってしまうくらい。
あの時に。少し似ているように、思います。

気がついたら、サーガDSを始めていました。
更に気がついたら、第二ミルチアに到着していました。
あれ?(笑)
DSのサーガは、なんだかんだで好きですよ。レアリエンの掘り下げ方とか特に。
それに、ガイナンさんのサブストーリーなんて、だいすきです。
あのガイナンさん、とてもかわいい。お茶目で、かっこよくて、そしてかわいい。
サブストーリーの、個人的白眉は、アレンさんのでしょうか。
シオンさんのは勿論言うまでもなく素晴らしいのですけれど。
一番ケビシオ炸裂してるのは、アレンさんのだと思うのです。
ああこんちくしょうめケビシオ好きすぎる。

ゼノ、というながいながい叙事詩の中で。
書きたいことがありました。ずっと。
けれど、とても技量が及ばず、手を出せなくて。
そのままになっていたものが、幾つもあります。
あれから十一年。
わたしも多少は成長して、語彙も増え、技巧も凝らせるようになりました。
あくまで、ほんのぽっちり、ごくごく僅かですけれど。
今なら、いけるのでしょうか。書けるのでしょうか――?
そんなことを、ふつふつと思いながら、今は暫し、ゼノに浸っていようと思います。


それにしても、オンリレポが終わりません。ほんとにほんとに終わりません。
書いても書いても次々出てきて。自分でも不思議なくらいです。
結構書いた気もするのですが、まだ半分もいってなくて……。
まとめていっぺんにアップするには、少し時間がかかりそうです。
ので。小出しにしてゆこうと思います。
早くに一度に、というのにこしたことはないのですけれど。
申し訳ありませんが、ご容赦ください。
続きに、置いておきます。さあさ始まり、小分けの小分け、ゼノオンリレポ!
でも、まだ開場していません(笑)


――と、その前に。
こんなところでごめんなさい、拍手のお返事です。
ちょっと隠すことができないので、反転だけ、しておきますね。


>いつも陰ながら~の方
はじめまして、荒野の辺境たる拙宅へ、ようこそおいでくださいました!
ええ、オンリーは楽しんで参りました。楽しみすぎたくらいです(笑)
いつもお越しとのこと、ありがとうございます。
……が、お言葉に、少々あわあわしてしまいました。
ほ、本をご希望ですか!?えええそんな物凄く薄っぺらい本ですよ!あわあわ。
それにナムカプ本は、メインをサーガで書いているのです。
ので。ナムカプ好きの方に、果たしてご満足頂けるかどうか。
在庫は僅かながら残っておりますので、
お分けすることは勿論可能なのですけれど。
あ。でも今って、為替の手数料がアホみたいに高いのですっけ。
おのれ、みんえいか。ううむ、何か策を講じるべきでしょうか。
すみません、よもやのお言葉で、方法がまだ手探りなのです。
もし、ぺらい拙い本を、やはりご希望の場合でしたら。
今少し、手段を調べてみようと思います。
よろしければ、またメールでも拍手ででも、お言葉を送ってやってください。
勿体無いお言葉、ありがとうございました(ぺこり)

>Wさん
きゃー。オンリでは、ありがとうございました!
いやでもほんと一時間レポ書いても会場つかないんです(笑)
こちらからご挨拶へ行くべきですのに、テンションがおかしいままでして。
落ち着いてから…と考えているうちに週末になっていました。恐ろしい。
不思議ですが、あんなにがっつりお話したのは初めてなのですよね。
嘘みたいに時間経過が早くって、けれど、たまらなく楽しかったです。
書いても終わらないレポに、そこらも書くつもりです(笑)お許しください!
ふふ、ビンゴカードのみならず、わたしは家宝まで頂いてしまいました。
友人に自慢しつつ、にまにま眺めています。
拙い本で恐縮です。わたしはWさんのお陰で、しばらくピンクのリボンを見るたび
胸にぐっときそうです。家族、家族が……!
また、伺わせてやってください。ちゃんと落ち着いてから参ります(笑)
お言葉。楽しい時間に素敵なご本、それに天下無双の家宝まで。
本当に、ありがとうございました!!


あくまで、もえぎ個人の主観的な感想です。
何かの役には一切立ちませんし、偏りも凄まじいです。
『それでも、よし!』という心意気の方は、お進みください。
……ほんと、書きたい放題ですよ?

そして、タイミングがずれておりますが。
当日お相手してくださった、沢山の方々に、心よりの御礼を申し上げます。



9/21 関西ゼノオンリレポそのいち



・到着まで

その日のお天気は、どんなだったでしょう。
曇り空だった気もするのですが…いや、日も照ってましたか。
六時前に目覚ましかけて、ゼノサントラのディスク1で起床しました。
たっぷりSTARS OF TEARSを聴ききってから身を起こして。
カーテンを緩く持ち上げて、外を確認してみました。
流石に薄暗さはありませんでしたが、天気はどこか、あやふやでした。
けれど、そんなの、構いません。
だってその日は、ゼノオンリなのですよ?
いかなる事象よりも優先されます。

準備を終えて、家を出て。
少しひんやりした空気から逃れるように、気持ち、早足で駅へ。
そして予定通りの電車に乗って。げとんごとん、揺られて目指すは一路、東。
途中、Yさんとメールの遣り取りなどしながらの、出立となりました。
薄曇りだとばかり思っていた空から、朝陽がきつく射かけてきて。
窓枠にぎらぎらと反射していました。
やはり、お天気は良いようです。

関西開催。素敵です。
こうして、少し早めの電車に乗るだけで、辿り着けるのですから。
遠出でお泊り、なコースも、勿論楽しいのですけれど。
やはり近場開催となると、なんとはなしに安心感が違います。
慣れた電車で。慣れた路線で。
そのまま目的地へ到着してしまうなんて。
ふふ、アウェイの東京ではこうはいきません(笑)
まあちょっと油断したら、梅田も即座に迷いますけれどね。


げとんごとん。げとんごとん。
揺られ、揺られて、大阪へ。
そんな長いような短いような旅路で、妙な既視感をおぼえました。
当日は、それなりに早起きをした気がしました。
ですから、きっと。
行く道で、とろとろと居眠りをするのだろうなあ、と思っていました。
電車の揺れは、眠気を促進しますしね。
ところが。ちっとも。眠くならないのです。
文字通り、まんじりともできない。
驚きました。
眠らないわけがない、とまで思いこんでいましたのに。
目は冴えて。爛々と。何を見るでもなく、ただ開いている。
意識はずっと、別のことを考えている。
ゼノや、ゼノとか、ゼノが。ぐるぐる渦を巻いているのです。
おかしなこと、と思いました。そして同時に、懐かしさも。
ああ。この感覚はおぼえています。
同じように、まんじりともできないこと、ありましたものね。
一年前の夜行バスで。二月十日の。あの寒い寒い夜。
そう思い出すと、ちょっと笑ってしまいそうになりました。
ばからしいほど。わたしは変わっていないようです。

意識はまとまらず。胸も早鐘というわけではありませんでしたが。
冷静にハイスピードがかかっているくらいには、高鳴っている気がしました。
そのお陰でとある曲の歌詞を思い出し、妙に納得していました。
ハイスピードで高鳴る胸。続く歌詞は。
『恋はヒドゥン・モード……そしてサバイバル』
ビマニ曲ですが、妙に現状に合っている気がしました。
気になった方はこちらへー。音へご注意。セクシーさなさん、素敵ー。


結局、本当にまんじりともしないまま、大阪梅田到着。
丁度来ていた電車に飛び乗ったものの、途中で逆走だと気付き。
内心青くなるものの、慌てて次の駅で飛び降り。
で。飛び降りてみたら、別に逆走ではないと気付き。
百八十度に踵を返して、飛び降りた電車に飛び乗り。最早何が何やら。
取り敢えずわたしは落ち着くべきです。
そんなこんなを経ながらも。そんなこんなの間にも。
何度もYさんと待ち合わせメールを交わして、会場最寄り駅まで移動。
で。そこで、素直に待っていれば良いものを。
あまり下りた記憶のない駅が珍しく、きょときょと見回り、探検に出てしまって。
ほんとわたしは落ち着くべきです。
『わー、コンビニみつけたー。ああ、会場への地図に載ってたお店だー。
おおおー、会場もはっけーん。迷わずに行けたよー』
で。Yさんと駅で落ち合えなくなるわけです。
度し難い。

そして、Yさんとは会場の入り口で待ち合わせとなりました。
朝から速攻平謝りです。
ともあれ。その日のわたしは、居候。
家主さまに改めてお礼とご挨拶を申し上げて、会場へ。
スタッフのおにいさんに会場の場所を細かに教えて頂いてから移動。
エレベーターでぎゅいんと上がり、扉が開けばそここそが。
最初は、ここで良いのかと若干そわそわもしたのですが。
エレベーター前に張られているマルーのご案内(かわいい)に、
ほっと胸を撫で下ろしました。
お喋りしながら会場へ入りましたら、丁度サークル入場の良い頃合い。
もしかすると、一番乗りでなくとも、先頭集団には入っていたのでは。
おお。きっとYさんの日頃の行いがものを言ったのでしょう…うふふ素敵ー。
さあ。そうして。とうとう、最終目的地へ辿り着きましたよ。



・準備、準備

広々とした会場、そこかしこには休憩用の椅子がたっくさん。
来られた方々が、へとへとになってしまうのを防いでくれるのでしょう。
それに、椅子だけでなく、机もあったのですよ。
上に、お絵描き帳の置いてある(笑)
きっと多くの方がくつろがれて、にこにこしながら描き書きされるのだと思うと。
どうにも、つい、にっこりしてしまいました。
そしてその予想は多分外れてはいなくて。
丁度、お絵描き帳の置いてある机が、スペースの真ん前にあったので。
沢山の方が笑顔のままノートへ向かってらっしゃるのを、見ることができました。
素敵な趣向。

ノートは書き込まれるのを、今か今かと待ち焦がれていますし。
会場には普段、絶対家ではかけられない音量で、ゼノBGMが流れています。
そしてあちこちでも、準備をしている方がいらっしゃいます。
もうこれだけで。
わたしは何だか、胸がいっぱいになってしまいそうでした。
前回の東京ゼノオンリの時もそうでしたが、満ち足りるの早すぎますね(笑)
胸の奥がじんわりしてきたところで、さあさとわたしも準備に戻ります。
居候のくせに生意気な話ですけれどね。
Yさんとお喋りしつつ準備していたら、何故か話題がロート・マンテルに。
ほんと今思い返しても何故。
取り敢えずロート・マンテルはシオンさん好きすぎると思うんです。
最初シオンさんに会った時だって。内心はきっと。
『ィイヤッフゥゥウウウウウ!!シッオオオオォォン!!』
みたいなのだと思うのですよ。
軽い狂喜乱舞。小躍りくらいは素でしてたかもですね。
そうでなければあのテンションはおかしいです。
――みたいなことを話しておりましたら。
お隣のケイコスイェマリアンソロさんが吹き出されてました。
アホな話題をお耳に入れてしまい、すみません。
けれど、受けて頂けて幸いです(笑)

不思議なことに、会場BGMと会場の動きが一致していたように思います。
準備の時も、開場の時も、ずっとずっと。



(……今日は、ここまで!)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
168 |  167 |  166 |  165 |  164 |  163 |  162 |  161 |  160 |  159 |  158 | 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
10 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]