忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そんな友人の携帯に刻まれたセレソンナンバーは10


ちょっとした調べものをしています。
そんなたいしたことではないのですけれど。


卵抜きのお菓子って、難しいものですね……。
いえ、アレルギー対策のお菓子レシピなんて、たんとあります。
けれど卵のみを抜いたレシピ、となると難しいです。
むーん、バターやお砂糖は使っても良いのになあ。
たまごたまごたまごーう。
卵を抜いても、お砂糖があれば膨らむのは問題なし。
バターがあれば、しっとりとした風味も残ってくれる。
この二つを残して、卵だけを抜くのはなかなかどうにもこうにも。
手持ちのレシピで心配になって、本とかも見てみましたが。
油どっさり使うので、どうにも好きになれません!
でもいっぺん、チョコレートブラウニーで試すかなあ……?

どうしていきなりこんなことを調べているかといいますと。
先日、友人と交わした会話が切っ掛けなのです。
丁度色々と相談に乗って貰った後で、何かお礼しなくちゃと思い。
提案したところ、以下のような遣り取りとなりました。
……我ながら、ちょっと面白かったです。


もえぎ『きみにお礼せんとね。お菓子作るよ!リクエストある?』
友人『卵抜きのお菓子ー(注:彼女の甥っ子くんは卵アレルギー)』
もえぎ『(少し間を空けてから)―…受理されました。
    ノブレス・オブリージュ。
    貴方が今後も、甥っ子姪っ子ラブな、救世主たらんことを……』
友人『たきざわああああああああああ!!』
もえぎ『いっぺん言ってみたかったんよなこれ!(笑)』
友人『なんか返信に時間かかってるなあと思ったら!』


ええ、アホですよ?(笑)でもえらく楽しかったのです。
この頃、エデンが終わったこともありまして。余計に盛り上がりました。
ほんといっぺん言ってみたかったのですあの台詞。
ともあれ。
そんな経緯のもと、卵抜きお菓子と、にらみ合いを続けております。
――以前に、アレルギー持ちの子の、話を聞いたことがありましたので。
何がどうあっても作ってみせる、と決めたのです。
泡立て器とゴムベラ二刀流で、打ち負かしてみせますよ?
何せ、受理しちゃいましたしね(笑)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
126 |  125 |  124 |  123 |  122 |  121 |  120 |  119 |  118 |  117 |  116 | 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
08 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]