忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このひねこびたこんぐらがりが解ける日は、多分……


むずむずとして。そわそわとして。
ですから、気分転換に、一時間ほど集中してみたのですが。


……また、まさか、クラウドを書く日がくるとは思いませんでした。
本気で一体何年ぶりなのか。
発売当時以来と考えれば、確実に十年以上経ってますか。
短いものとはいえ、一時間そこらでできたことに苦笑してしまいました。
もう二度と、触れることもないと思っていましたのに。
FF7の思い出は、わたしの中で非常に複雑なものとなっています。
そりゃあゼノが裏FFとされたってのもありますけれど。
この二作の関連は、やたらに深く、またどこか暗いものを感じます。
でもそれ以上に。あらゆるものが絡み合って。

ゼノをしていなければ。
わたしの最愛作品は、もしかすると7だったやもしれません。
いえ、作品全部ひっくるめて最愛とはなりませんか……。
けれど作中に、とある方がいらっしゃいました。
可愛く、明るく、元気で強く。
笑って泣いて、怒って膨れて。
誰よりも花の似合う大地の名を冠したひと。
わたし、彼女がだいすきでした。
そりゃあもう盲目みたいに、ひたすらにだいすきでした。
今でこそ、
『わあい天下無双に可愛いワンピース買ったよー、世界征服クラスやよー』
みたいにはしゃいだりするわたしですが。
当時はですね…笑っちゃいますが。
『スカートがだいきらい』だったのですよ。何より『ピンク色なんてだいっきらい』。
あと、日焼け止めも嫌いでした。海が大好きでしたのでね。
『肌が焼けて何が悪い!』と、むきーってなってました。
ところが。
彼女を知って、全てが引っくり返ってしまいました。

スカートが好きになる。
ピンクのワンピースなんてあろうものなら、つい振り返ってしまう。
日焼け止めもせっせと塗って。肌を保持。
対象に同化しようという働きは、相手に対する最大の敬意と言いますが。
当時は確かに、そんな傾向がありましたね。単純です。
もう、筆舌に尽くしがたいほど。困ってしまうくらい、彼女がだいすきでした。
彼女以上に好きになる女性キャラは、現れないに違いないと信じきれました。
ええ。それくらい、群を抜いていたのです。
そして結末が『ああ』です。
――頑なまでに、わたしがイカを憎むのは、このためです。

彼女の好きっぷりは、文字通り一頭地を抜いていました。
他者の追随を一切許しませんでした。
ところがそこへ。エリィが現れました。
決して、『花の彼女』の輝きが失せたわけではありません。断じてありません。
けれどエリィも、ありえないほどだいすきになりました。
笑って泣いて。怒って。膨れて。
可愛くてワガママで落ち込んで無理をして傷つけて傷つけられて。
それでも最後まで、彼と手を繋いで歩き通したエリィが、だいすきです。
『暁の彼女』によって、わたしが7で負った痛手は、相当に癒されたのです。
その結果が、まだゼノサイトをやっている現在です(笑)

ですから。もう。
思い出すことはあっても、触れることはないと思っていました。
なのに気が付けば、十数年ぶりにクラウドを書いていました。
でしであの力たるや、恐ろしいものです。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
89 |  88 |  87 |  86 |  85 |  84 |  83 |  82 |  81 |  80 |  79 | 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
08 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]