忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぐちゃぐちゃタコ足配線ほどく感覚もまた楽し


むくむく。むくむく。機械へ気持ちが込み上げます。
ほんと今更。むくむく、むくむく……。


懲りもせず、こそこそトランスフォーマーのことをあれこれ見ています。
そんなたいしたことではありません。
うぃきぺでぃあであっちへこっちへ飛び回っている程度です。
しかしつくづく不思議なのが、どうしてわたし今まで全然知らなかったのか…。
年代が微妙にずれているとか?
それとも放送局がなかったからとか?(テレ東系は今も昔も映りません)
うーむ?そのあたりは、よく分からないままですけれど。
とにかく、複雑な過程を経て輸入やら逆輸入やらされてるのは分かりました。
むしろ詳しくないわたしには、説明読んでも何が何やらです。

そんな時、ふと。
めーやん(ラスボスの呼称がこれってのは流石にいけないでしょうか…)
の、英語版のお声を担当されている方の名前に、どうも見覚えが。
確かに知っている名前。けれど、すぐに思い出せなくて。
はて、どなたやったかしら…とクリックして。飛んでみて。
愕然。








エルロンド卿……








道理で見覚えがあるはずです。
気づいて暫くは、えらく取り乱してしまいました。

『エルロンド卿!?エルロンド卿おおおお!!え、でもエルロンド卿でラスボス?ならどっちかというとエージェント・スミス?ああしかしエージェントのお声はどうしても素敵大塚さんボイスで再生されてしまう。はっ、でもこの大塚さんはアラゴルンのほうの大塚さんやから(もうお一方は『バトーさんのほうの大塚さん』扱い)エルロンド卿とは浅からぬ因縁があり…っていやそれ関係ないしああああ』

取り乱しました。ええ。
色々と混ぜすぎですね。やー、しかしびっくりしました。
そうか、海外だと声のお仕事って声優さんでなく俳優さんがされるそうですから。
でもこの声情報で、色んな事柄がわたしの中で混線してしまいました。
落ち着きを取り戻して、続編観に行こうかなーどうしよう、と考えておりましたら。

『リベンジってことは、結局皆復活しとるのよな。つまりめーやんも帰ってくるのか。海の底からまあ元気なこと。やられてもやられても何事もなかったかのように復活してくるとか、カールかあんたは。カールも再戦大好きやったからねえ……カールのお声は、オプティー…どうしよう、復活とか物凄く当たり前のことに思えてきた。カールがオプティーでめーやんがエルロンド卿であああああ』

取り乱すにもほどがあります。
そしてまた、あちこちうろついてたら、
まさかの擬人化イラストまで見つけちゃってはじけ飛びました。
世の中って、凄いものですね……。

何と言うかもう。ここまでくると、驚くよりも、いっそ感心しました。色んなものに。
まあ、ラインの乙女擬人化やっちゃったわたしが言えた筋ではありませんが!
以前に大神擬人化でびっくりしてたら、友人にすかさずこのことを言われました。
反論できやしませんでした。
ともあれ。知らないことをあれこれ知るのは、楽しいですね。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
133 |  132 |  131 |  130 |  129 |  128 |  127 |  126 |  125 |  124 |  123 | 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
12 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]