忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幼い頃からの友人であり教師であり海であり


先日の日記を書いていて思ったのですけれど。
わたしは本が好きなのだなあ、としみじみしました。


読書家の方々には、物量的にも知識量的にも、及ぶものではありませんが。
すき? きらい? と問われれば、だいすき! と答える以外に選択肢なしです。
初めての本に手を伸ばして、好みどんぴしゃだった時のあのよろこび。

選ぶ基準はそれこそ運試しのようなもの。
ジャケ買いみたいに借りる時もあれば、タイトルに惹かれての時も。
ちゃんと評判とかを調べてからのが良いのでしょうが、まあおみくじ感覚です。
そのぶんはずれを引いてむがあああとなることだってあります。
けれど、あたりに巡り合った時など、くるくる回りたくなるほどの嬉しさです。
『フィオリモンド姫の首かざり』なんて。
題名だけで面白いに違いないと思ったものです。
クィーン・アンが言うところの「スリルがある」とか「ぞくっとする」ですね。
題名の素晴らしさなら『幻のスパイス売り』なんかもぴかいち。
わたしがおはなしの題名つけるの苦手、ということがあるものですから。
題名だけで惹きつける、ごてごてするでなく、すんなりとでも秘密をふくんで。
表紙を繰らずにはいられない、と思わせる力を持つ名前を過たず選び取る感性。
自分にないものですから余計に憧れ、羨むのやもしれません。


次は何を読みましょう。
残り一冊になってる、ベイカー街の探偵さん?
いや…それもなのですが、本当はファウンデーションも……。
シリーズ五作目まで読んどいて、そこで止まっているのです。
や、その、あいたいあいたいと求め続けていた相手に会えてしまったもので。
ようやくあえたという達成感に支配され、すっかり先に進めません。
もえぎさん、シリーズ残り二冊なのですよ……。
――はよ読みます。はい。
でもその前に名探偵さん!
でもわたし調子に乗って別の小説一冊と解説本も借りちゃいました!
しかもどっちも四百ページオーバーでうわあ。
……ファウンデーション、しばらく、待っててください……。
しかしわたしゼノ好きのくせに幼年期の終わり読んでないのは詐欺でしょうか。
読もう読もうと思い続けていつの間にやら十四年。ひどいはなしです。

本の話ついでに書いちゃいますが、ホビットの冒険の映画いつでしたっけ。
今年だとはどっかで聞いたのですが、果たして日本公開は早いのか遅いのか。
配役も脚本もてんで調べていないのです。
なので、ただ純粋に、わあいたのしみたのしみと思っています。
いやあ緑葉の誰かさんの父上がどんなだか楽しみですよふふふ。
スランドゥイル王がどんなお姿でどんな描写をされるものやら!
ホビットは、以前犬マユでパーティ構成が説明されていて。
『まほうつかい×1 せんし×12 おでぶ×1 とうぞく×1』で。
「RPG的にはものスゴイわけわからんパーティ」と評されて笑った思い出が。
いや確かにそうなのですが。実にその通りなのですが。
こうやって見ると大変にわけわからんパーティです。
取り敢えず最大の問題はドワーフが13人いるからだと思います。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
543 |  542 |  541 |  540 |  539 |  538 |  537 |  536 |  535 |  534 |  533 | 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
07 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]