忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの艶やかな菊尽くしがいつまでも消えない


筆ノリが戻ってきましたきゃほう。これで少しは、心落ち着くというもの。
今週末くらいに、拍手更新できたらいいなあ。
……数を三つで、ご容赦頂けますならば。
五つはちょっと無理っぽいです。
もう二つはできているのです。あと一つくらいなら、どうにかいけそうです。
因みに現在書けているぶんが。

・フェイエリィ
・単発喫茶

の、二つ。残り一つは何しましょう。サーガかな?
若干、意識と指に解離ぽいものが見られますが、まだましにはなりました。
もうちょいぴん、と。糸で繋がるようになれば良いのですけれど。
フェイエリィを書けるということは快方に向かった、と判断して良いはず。
便利ですね。フェイエリィ。

でもですね。まだ、新世界が書けるくらいには回復していないようです。
その所為か、回復方向が少しおかしくなっています。
おかしいなあ。おかしいなあ。
わたしどうしてこんな話を書いているのか。
段々笑えてくるほど、すらすら指が動きます。異様に思えなくもありません。
けれど、書いてるうち、徐々に諦観じみたものが染み出してきました。
ああ、きっと。わたしはずっとこれが書きたかったのだと。
咄嗟に『書きたい』と思うほど、網膜と脳裏へ、鮮烈に焼きついたもの。
先月観に行った。歌舞伎。


まあ、内容が上杉家を扱ったものだからでしょうけれどね!(開き直った!!)
ごめんなさいごめんなさい。ほんとに可愛かったのです姫様が。
あんなに可愛い姫様が、菊姫様をモデルに描かれたなんて聞かされたら。
そりゃあもう盛り上がるしかないじゃありませんか。姫様書きたすぎる。
……そのうち、歌舞伎感想と合わせて小話アップしてたら笑ってやってください。
どうせ、ネタ小話ですので。
ノリとしては去年ちまちま書いてた大河小話みたいなのです。
ただ、かなり謙信様の扱いが悪いです。あれー?

そして、続きから拍手のお返事です(これもいっぺん言ってみたかった)


>Wさん

遅れまして、ほんと申し訳ありませんでした!
うう、楽しんで頂けてよかったです……。
けれど実は、かなり苦戦して書いていたのです。
喫茶を書きすぎたて、そっちの設定が強く頭に残っていた所為もありますが。
ニサン時代のふたりとなると、どうしてもWさんの素敵ご本の影響を免れられません!(笑)
だって大好きなんです、Wさんの描かれるあの時代のふたり……!
そこをなんとか、自分のイメージを一生懸命思い出して、根付かせて。
どうにかなったところで、書き出したのです。
書けば書くほど、今更ながらラカンの底なしネガティブにいたたまれなくなりました。
伊達に見ていてやきもきする接触者対存在ナンバーワンだと思います。
ニサンのおさらいにもなって、改めて目を向けることのできる良い機会でした。
嬉しいバトンをありがとうございました!

他の面々……やる気まんまんですよ?(笑)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
9 |  8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  1 | 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
06 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]