忍者ブログ

とまり木 常盤木 ごゆるりと

ひねもすのたのた

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ら、らら、ら、ら


友人から作詞を頼まれている曲を、繰り返し聴いています。
凄いなあ、こんな綺麗な声に、わたしの言葉を、歌って頂けるんだ……。


しゃんとして、書かないとです。
お話と歌詞は違います。
わたしの言葉はいつも冗長になりがちで。
先生からもよく「あなたは書きすぎる」みたいに言われるくらいですし。
悪癖だとは承知しているのですが、なかなか改まりません。
けれど、歌詞に冗長さは許されません。
それはいわば髄のようなもの。
うんと、うんと煮詰めて…ようやっと奥から絞り出たもの。
勿論お話だって、適当に書いているわけではありませんけれど。
歌詞は更に凝縮して。一言、一語を、慎重に運ばなければ。
余分なものなどないように。そんな余裕はないのですから。

言葉の裏へ潜るように。
奥底。深く、深く……真剣勝負な対話のように。
そうして幾つか欠片を捕まえて、形を整えて。
整え終わってから文章として起こすべきでしょうか?
それとも、捕まえたものを片っ端からひとまず羅列してみて?
どちらの方法が良いのか、まだよく分かりません。
けれど。きっと、捉えてみせます。
待っていてくださいな、可愛いとある妹さん。
必ず、あなたに似合う歌詞を、差し上げますから。
銀の雨がきらきらするような。


……そういえば。
むかーし、むかしは、ゼノのお話を書く時も、よく潜ったものです。
プレイ当時に、全てをすんなり飲みこめるほど理解がよくないので。
知るために。分かるために。いっぱい、潜りました。
特に一番潜りまくったのは言わずもがなですがエリィです。
そりゃあもう彼女が書きたくて仕方がありませんでしたから!
なのに、それが今や。
エリィについては、潜るどころか考えるよりも先に、指が動く始末です。
それだけ理解が進んだ、ということやもしれませんけれど。
初心を忘れて、どこかに驕りも潜んでしまうのやもですね。反省です。
作詞の件以外で、わたしが今一番潜らなければならない人がいるとしたら。
それはもう。迷わずに、「フィオルン」と答えます。
彼女もほんと難しいですからねえ……。
もう少し、きちんと、彼女も知りたいものです。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
401 |  400 |  398 |  397 |  396 |  395 |  394 |  393 |  392 |  391 |  390 | 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/27 watch news]

最新トラックバック

ブログ内検索

アーカイブ

<<
12 >>
Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]